笑える小話と家族のエッセイ

前回に引き続き、ブルーノート東京へ向かう方向音痴熟女ガッツ。ラーメンの誘惑や、死にそうな携帯や尿意と戦いつつ、なんとか表参道の駅まで到着。ガッツは強風にあおられ、道に迷いながらブルーノートに向かいますが…。そして、後半には意外な幸運も ...

笑える小話と家族のエッセイ

東京・名古屋の両ブルーノートに一人で行ったことがある、ジャズ愛好家歴30年の筆者が、ブルーノートを一人で楽しむ方法も、メチャメチャ詳しくご紹介しております。

笑える小話と家族のエッセイ

以前、ダーリンが妖怪手洗いであるというお話をしたら、これが意外に好評!今回はなんと4回目は妖怪と女房の夫婦喧嘩の話。そのたびに、妖怪が繰り広げる、不服従・非暴力抵抗運動についてのお話です。

笑える小話と家族のエッセイ

以前、ダーリンが妖怪手洗いであるというお話が好評を博し、調子にのって第3弾!今回は、妥協を許さない妖怪の、妖怪にも人にも厳しい評価活動を解説。あのスティービー・ワンダーのライブが最後まで聴けなかった理由とは…。

笑える小話と家族のエッセイ

以前、ダーリンが妖怪手洗いであるというお話をしましたが、今回は第2弾。何をやっても完璧なダーリンが、生まれて初めて料理を作った時の話です。彼は料理についても、潜在能力は十分と思われるものの、経験値は皆無。果たして、その驚きの顛末は…。 ...

笑える小話と家族のエッセイ

私はとってもおっちょこちょいで、年がら年中へまをし、けがをし…。そんな私のドジを、いつも笑い飛ばしながら、スーパーマンみたいに解決してくれる愛しのダーリン。私は彼を心から尊敬しています。でも、そんな彼が実は妖怪だったんです。

笑える小話と家族のエッセイ

こんにちは ゴニョゴニョ研究室のガッツかよめです。

私は学生をしながら子育てをしていた時期があります。その頃は経済的に苦しく時間もなかったので食卓はさみしくなりがち。でも、それが、ものすごく楽しくなっちゃう出来事があったの ...

笑える小話と家族のエッセイ

こんにちは ゴニョゴニョ研究室のガッツかよめです。

おふくろの味って、母親とのほろ苦いエピソードも一緒に思い出されて、ちょっとしんみりしますよね。結婚や独立で母親から遠くなるほど懐かしいもの。今回はガッツの「おふくろの味」 ...

笑える小話と家族のエッセイ

ガッツかよめです。私の人生は、幼い時から失敗の連続。失敗談だけで百科事典ができるほどです。

しかし、人一倍ガマン強く、根性はあります。普通の人なら、やめておこうとすることを、力技でやってしまうことが多い。だから、娘の描く私 ...

笑える小話と家族のエッセイ

ガッツかよめです。

結婚すると、今まで知らなかった相手の家族と急につながらなければいけません。そこには、今まで経験したことがないような家族の形があるかもしれません。今回は、そんなお話をお届けします。

病院に連れて行く ...