YouTube で聴く海野雅威のジャズ|ゴニョ研

ジャズおすすめ

ピアノの鍵盤の写真

海野さんのファンのみなさん、こんにちは。

情熱だけでブログを書いているガッツかよめです。

海野さんが NY で暴徒に襲われ、大怪我するというとても悲しい事件から、早1ヶ月。
事件の詳細や、世界中の人が海野さんを心配して支援金が集められたことなどは、サイドマンとしての海野雅威・NYのジャズシーンの今を聴くで、ご紹介しました。

その後、海野さんの右肩の手術は成功し、現在自宅静養中ですが右手は全く使えず、鎮痛剤の副作用のめまいに悩まされているとのことです(11月11日放送のTBSラジオ『荻上チキ・Session』、特集「ジャズピアニスト・海野雅威さんインタビュー~ニューヨークでの集団暴行、人種差別、ヘイトクライム問題」より)。

11月15日には海野雅威さんを支援する配信コンサートが、海野雅威さんを励ます会(鈴木良雄、akiko、吉田豊、海野俊輔、敬称略)によって開催され、40人以上のジャズミュージシャンが、7時間にわたってライブ演奏を行う予定です。
2021年2月15日(月)23:59まで、アーカイブが見られるのが、うれしいですね。
コンサートの運営資金は寄付によって集められ、収益は全額海野さんに寄付されるそうです。

そこで、このようなすばらしい企画を精一杯応援したいとは思うものの、やっぱり海野さんの演奏が聴きたい、見たい、と思う私のようなファンの方のために、海野さんの演奏がYouTubeで見られる動画を集めてみました。

アラサー娘

アラサー娘

やっと本題ね。

海野雅威の名演奏が聴けるYouTube動画

Roy Hargrove Quintet

まずは、ロイのクインテットでの演奏です。
ロイも空から、さぞかし海野さんのことを心配していることでしょう。
ロイもジミー・コブもハンク・ジョーンズも世良譲も、きっと、いてもたってもいられないくらいだと思います。

この動画は、ロイのバンドで、KNKX というラジオ局のスタジオで収録されたもの。
海野さんの華麗なソロが見ものです。

この時には、他にも数曲収録が行われていますので、気になる方は、KNKXのYouTubeサイトでチェックしてください。

Roy Hargrove 追悼演奏

なんか変なタイトルになりましたが、ロイが亡くなった後、クインテットのメンバーをバックに、これまたロイと活動していた Renee Neufville (レネイ・ヌーフヴィル) が、歌います。
“Something to Believe (For Roy)" は、レネイが作曲し、ロイに捧げた曲です。

お次は、ロイのビッグバンドの十八番だった、セプテンバー・イン・ザ・レイン。
ビッグバンドのアルバムやステージでは、ロイの歌も聴けました。
レネイの歌と海野さんのピアノも最高です。

歌の伴奏

本当にガックリくるようなタイトルでごめんなさい。
お次もヴォーカルのバックなんですが、本当に名演奏ですよ。
Milton Suggs というヴォーカリストのバックで、ホレス・シルバーのアルバム “The United States Of Minds" の中の曲ばかりを演奏しています。

徐々に盛り上がる海野さんのソロが最高で、私はこの “Wipe Away the Evil" を毎日聴いています。

このステージの演奏曲も数曲が動画になっているので、Milton Suggs の YouTubeサイトでチェックしてくださいね。
音も映像もなかなかです。

ベースとのデュオ

ベースは、Gianluca Renzi (ジィアヌルカ・レンジ)さん。
レンジといえば電子レンジしか知らない私でした。
本当に申し訳ない。
すばらしいベーシストです。
イタリア出身なんでしょうか?
海野さんとのデュオが楽しくてしょうがないという感じが、見ている人を幸せにします。
2020年、2月の収録です。

バイオリン中心のカルテット

お次はバイオリン中心のカルテットでの演奏です。
バイオリンは、Ben Powell。
顎が外れるかと思うくらいすばらしいです。
グラッペリばりですよ!
海野さんのピアノにもうっとりします。
ぜひ聴いてください。

ちょっと大人数のバンド

アラサー娘

アラサー娘

あんまりなタイトルじゃね?

トロンボーンのクリフトン・アンダーソンのバンドでの、ブルーノート・NYのステージから。
曲は、"If" 。
名曲で名アレンジで名演ですよ。

ソロ

お次は、ピアノソロです。
どなたかのおうちの新年のパーティーのようです。
いやあ、うちの新年会に海野さんが来て弾いてくれたら、もう死んでもいい!!

夫ポンポン

夫ポンポン

そんなことにはならないので、落ち着きましょう。

とっても美しいソロです。

復活の日まで

海野さんが、また、憎らしいくらい涼しい顔をして、恐ろしいテクニックで、心を打つ演奏を繰り広げてくださる日を、心待ちにしています。
そして、海野さんが、1日も早く痛みから開放されますように。

海野さんのCDを買って海野さんを支援したい方は、"Jouneyer" がオススメです。

Tadataka Unnno “Jouneyer"で、購入方法もご紹介しております。

で、もっともっと海野さんのことが知りたいと思われた方は、海野雅威の情報集結!ライブ・アルバム・お宝動画・逸話等一覧!試聴付へどうぞ。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク