面白い結婚生活を激白!私が結婚に求めたものは笑いです|ゴニョ研

2018年4月15日笑える小話と家族のエッセイ

結婚しない人が急増しているという深刻な社会問題に対し、何とか策を講じたい。結婚生活32年の私、ガッツかよめが全力で結婚のおもしろさをご紹介します。

まあ、それで結婚する気になるかどうかはわかりませんが…。

今回はダーリンと私ガッツとが、いっしょに始めたある趣味をとおして、私の人生が劇的に変わったというお話をしたいと思います。

笑えなかったらお詫びに伺います。

ピーターパンのGIF

おもしろすぎる我々夫婦の結婚生活を公開!

ご夫婦でらっしゃる方、共通の趣味をお持ちですか?

第一生命経済研究所が、全国に居住する 30~60 代の既婚男女 800 名を対象に行ったアンケート調査の結果が、2006年に報告されています。

  • 夫婦共通の趣味がある人は 57%
  • 「よく一緒にやっている」人は 30%
  • 「よく一緒にやっている」人が最も多い年代は 50 代(33%)
  • 「よく一緒にやっている」人が最も少ない年代は 60 代(25%)

夫婦関係に関するアンケート調査

共通の趣味をもつ夫婦って多いんですね。

趣味の内容は旅行、映画鑑賞、食べ歩きなど、いろいろのようですが、コミュニケーションをより多く必要とする活動ほど、夫婦関係を良好にする効果が期待できるという話もきいたことがあります。

かくいう我々夫婦も、20年ほど前、共通の趣味にいそしんだことがあります。

皆さんは、スカッシュというスポーツをご存じでしょうか?

ハリウッド映画の中で美男美女カップルがする、スピーディでスリリングで、息をのむようなスポーツ。
私は、華麗にボールを操り、コートの中を縦横無尽に走る自分を想像しました。
肌に光る汗の粒、弾む息。
超美男でスタイル抜群の若い男性の対戦相手を、
見事に打ち負かす私。

スカッシュのイラスト

なんて素晴らしいスポーツ。
期待に胸を膨らませ、私は近所のスポーツクラブへスカッシュを習いに行くことにしました。妖怪(夫ともいう)も学生時代に卓球経験があったので、おまけとして一緒に行くことになりました。

スポーツクラブでは、若い男性インストラクターが、笑顔で私に向かってボールを投げます。
「奥さん、いきますよ、ボールをよく見てくださいね」
ボールはよく見ています。
体も動かしています。

しかし、ボールがラケットに当たらないのです。

私は忘れていたことがありました。

小学校の時にラケットベースボールというのをやりました。
文字どおり野球のバットをラケットに替えたものですが、何度やってもラケットにボールが当たりませんでした。
あげくの果てに試合では塁審に向かってボールを投げ、チーム全員からこっぴどく叱られました。

審判のイラスト

もうひとつありました。
高校の時に体育の授業でハンドボールをしました。
私はコートの中で、全く試合に絡まず、ボールにかすってもいないようなところをフラフラ歩いていた時に、足をねん挫して1か月歩けなくなりました。

 

「奥さん、もう1回行きますよ、ボールをよく見て打ってくださいね」
ボールは見てるんだってば。
打とうとしてるの。

おまけのはずの妖怪は、どんどんうまくなりました。

私は悔しくてたまりません。
自分でいうのもなんですが、私は努力家です。
その時期、家族で海外旅行に行きました。

家族旅行のイラスト

私は、こっそりバドミントンのラケットをスーツケースに忍ばせ、夜中にホテルで素振りの練習をしたのです。
どうしてもフォームを見てほしかったので、夜中に妖怪を起こしてしまい、

「お願いですからやめてください」

と言われてしまいました。

困っている男性のイラスト

「奥さん、ボールをよく見て、よく見て打ってくださいね」

 

ボールは見てるんだってば。

 

打とうとしてるって。

 

数か月たつと私と妖怪には歴然とした差が生まれました。
自主練までしても上手くならない私。
スポーツクラブに行った時しか練習しないのに、どんどん上達する妖怪。
私はスカッシュに行くたびに落ち込み、家の中は真っ暗になり、夫婦関係にも暗雲が立ち込めました。

 

そんなある日、スポーツクラブからの帰り道、
夫は車を止め、うなだれて言いました。

「もう…やめないか」

決意したように口を開き、低い押し殺した声で、その一言を告げる夫は、まるでメロドラマの中で不倫相手に別れを告げる色男のようでした。

「うん」

私は泣きながら、うなづくのがやっとでした。

泣いているイラスト

それから私の人生からスカッシュは捨て去られました。それどころか妖怪から球技禁止令が出され、球技全般が私の人生から整理されてしまったのでした。

夫婦共通の趣味をもったはずでした。
しかもスカッシュは対戦したりダブルスを組んだりすればコミュニケーションが必須です。夫婦関係には抜群の効果がありそうでした。それなのに、私たちには全く逆効果だったのです。

こんな風に、夫婦共通の趣味に思わぬ落とし穴があることを知るなんて、結婚していればこそのおもしろさです。

ぜひ、結婚しましょうよ。
 
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ほかにもおもしろい結婚生活を暴露しております。
大爆笑の結婚のメリット!結婚のストレスは考え方で変わる!

こんな記事もぜひどうぞ!

笑える小話!40歳以上の頑張る女性に!

スポンサーリンク