50代のおしゃれコーデはショップオーナーにおまかせ!|ゴニョ研

2019年1月2日50代をおしゃれに

浅田さんに超おしゃれなコートを脱がしてもらっているガッツの写真

こんにちは

おしゃれが大好きだけど、スタイリッシュな洋服を着てもお笑いになる、ガッツかよめです。

最高にシックで、50代に持ってこいのセレクトショップ「ギャルドローブ」。

おしゃれな服・帽子・靴が並ぶギャルドローブの店内の写真

そのオーナー浅田さんの、とびきりおしゃれなコーディネートをご紹介します。

店の前でポーズをとる浅田さんの写真

モデルはもちろん私ガッツ!

もう、ワクワクの大変身です!

ソフィドールのワンピースの上にコートを着せてもらっているガッツの写真

浅田さんには、50代の洋服どこで買う?ショップオーナーに聞くおしゃれのコツ5つでも、おしゃれの極意を伺っています。

まだお読みでない方は、ぜひそちらもチェックしてくださいね!

プロのコーディネートなら、あっという間に超おしゃれ

ソフィードールのワンピースで女性らしいコーディネート

まず最初のコーディネートは、ベルギー、アントワープ出身のデザイナー、ソフィー・ドールが立ち上げたブランド、その名もソフィー・ドール(SOFIE D’HOORE)のお洋服を中心に。
とってもシルエットがきれいで、オーソドックスなのに新鮮なデザインの洋服が多いんです。

まずはAラインが美しい細かい縞のワンピース。

サイドコアブーツ(ブランドはロベルト・デル・カルロ Del Carlo)も素敵でしょ?

ソフィドールのAラインのワンピースを着ている写真

左に写ってるのは、今回の写真担当、アラサー娘みちかです。

ソフィドールのワンピース姿のガッツの写真

同じくソフィードールの細いベルトをしめると、ドレッシーな雰囲気になりました。

ソフィドールのAラインのワンピースの上にコートを着せてもらっている写真

ベージュの女性らしいコートもソフィードール。

コーディネートには、洋服の雰囲気がそろうことが重要。

でも顔だけは、どうしても上品な雰囲気にそろえることが難しい。

ソフィードールのロングコートを着た正面からの写真

脇に深いスリットが入っているから、中に着るスカートやパンツにボリュームがあっても全然平気。

ソフィードールのロングコート、横からの写真

軽くて着心地が良くて暖かいのも魅力です。

ソフィードールのロングコートのフードのアップの写真

フードがまた、エレガント。

疲れた様子のガッツの写真

アラサー娘

アラサー娘

ええっ???
なんて顔してんの!!
もう眠いのか?
こらっ! ガッツ、始まったばっかりでしょ!!

ロングカーディガンを着ている写真

と、思ったら、

次のカーディガンが素敵で喜びすぎ!

白のカーディガンを着せてもらって喜びすぎのガッツの写真

今度は同じくソフィードールのロングカーディガンを着てベルトをしめた、こんなコーディネート。

自分では絶対思いつきそうにないスタイルです。

ロングカーディガンを着ているマネキンとの横でオネエポーズをする浅田さんの写真

「これはねえ、コートがわりになるのよ」

と急にオネエになって教えてくださる浅田さん。

色違いの黒のカーディガンもステキです。

オネエポーズをする浅田さんのアップの写真

ほんと、暖かくてコートいらず。

ロングガーディガンのアップの写真

ロングカーディガンなのにかっちりしているので、ビジネスシーンでも着られそうです。

スタジオ・ニコルソンでイギリスの伝統を味わう

お次は

イギリスのブランド、スタジオ・ニコルソン(STUDIO NICHOLSON)のジャケットとスカートを中心にしたコーディネートをご紹介します。

スタジオニコルソンのコーデの全身写真

まさにイギリスらしいおしゃれコーデ。

  • 黒のあぜ編みのニット(NEHERA、ネヘラ)
  • 千鳥格子のロングスカート(スタジオニコルソン)
  • チェックのピーコート(スタジオニコルソン
  • サイドコアブーツ(ロベルト・デル・カルロ、Roberto Del Carlo)

スリットがあるタイトスカートの丈は長め。
ジャケットとのバランスが最高!

私の体型に合わせてオーダーメイドしたかのような、素晴らしいバランス。

お腹のでっぱりとか、ちょっと垂れたお尻もしっかりカバーしてくれます。

スタジオニコルソンのスカートを横から見た写真

本当に計算し尽くされた美しさですね。

スリットが大きくて足さばきも楽。

機能性も完璧に考えられています。

スタジオニコルソンスカートを前から見た写真

タイトで身体のラインがとてもきれいに見えるのに、全然きゅうくつではありません。

暖かいし動きやすい。

「イギリスらしいコシのある生地で仕立て栄えがするんですね」と浅田さん。

ニットはタートルのように折り返さず、短めの立ち上がりのボトルネック。

ネヘラのニットのボトルネックのアップの写真

チェコスロバキアで始まったブランド、ネヘラ(NEHERA)のもの。

ネヘラのニットのアップの写真

私に値札が付いてるみたいになってますね。

1億円ですよ。

ごめんなさい嘘です。

謝ります。

ニットを着てお辞儀をするガッツの写真

袖(そで)も手がきれいに見えるようにベルスリーブ。

とっても動きやすく肌触りも最高。

スタジオニコルソンのPコートを着たガッツの写真

ガッツの顔が迷子の犬のようで不安になりますが、Pコートは本当にステキ。

アラサー娘

アラサー娘

動物なら犬じゃなくてクマかトラ。

イギリスの老舗高級ファブリックメーカーMOON社の生地を使っています。

ジャケットのラベルの写真

後ろはそでの切り替えのない仕立てでスッキリ。

ジャケットの背中の部分のアップの写真

「Pコートって歴史があって、昔イギリスの船乗りが甲板で着ていたものなんです」と浅田さん。

防寒用の襟のボタンをとめてくださいました。

ジャケットの襟のボタンを留めてもらっているガッツの顔がボケすぎている写真

とめてもらっている時の私の顔は気にしないでくださいね。

ジャケットの襟の防寒用のボタンを留めてすましているが変な顔のガッツの写真

ほら、ちゃんとした顔ならこんなに素敵。

えっ?  あんまり変わらない?

いや、全然違うじゃないですか!!

コートの襟を立ててステキな横顔のガッツの写真

ほらね。

ケーシーケーシーで大人の可愛さを演出

フランスはパリにアトリエを構える、とってもシックだけど、キュートで温かみのあるブランド、ケーシーケーシー(CASEY CASEY)

ケーシーケーシーのインスタグラムの投稿があんまり可愛かったので、思わず埋め込んでしまいまいした。

その、ケーシーケーシーのアイテムを中心にしたコーディネートをご紹介します。

ケーシーケーシーのシャツ・スカート・カーディガンのコーディネートの写真

ナチュラルなのに粋なコーディネート!

  • 白のペーパーコットンのシャツ(ケーシーケーシー)
  • 黒のコットンベロアのスカート(ケーシーケーシー)
  • グレーのカーディガン(トゥレ・ドゥ・アンサンブル、tous les deux ensemble)
  • 黒のジップブーツ(グイディ、GUIDI)

甘すぎない可愛さが魅力的!

シワ加工がなステキなペーパーコットンのシャツの写真

このブランドは、高い技術を駆使した特殊なヴィンテージ加工が特徴。

袖を通した瞬間から肌なじみが良く、リラックスできます。

スカートのウエストはヒモで調節するタイプで、とっても楽なのにダラッとした感じが全然ない!

実際ねえ、こんなデザインなら、ちょっとウエスト太くなっても、全然影響なく着られそうでしょ?

スカートのアップの写真

普段は、帽子なんて被ったことのない私でも、かぶってみたら、こんなにオシャレになれます。

帽子をかぶっている写真

バッグも持ってみます。

ケーシーケーシーのコーデでバッグを持っている写真

渋いエンジの円形ショルダーバッグは革製品の老舗ブランド、グイディ(GUIDI)のもの。

グイディのバッグの写真

そうそう、メガネをかけてもらったんです。

「どれどれ、わしゃメガネがないと見えんでのう」

メガネをかけてもらっている写真

メガネで顔の印象がずいぶん変わります。

メガネをかけている顔のアップの写真

カーディガンを脱いでケーシーケーシーのジャケットに。

ケーシーケーシーのジャケットを着ている写真

ジャケットのエリが、とびきりスタイリッシュ。

ケーシーケーシーのジャケットを着て変顔のガッツの写真

顔も最高にスタイリッシュです!

ブーツは、バッグと同じブランド、グイディのジッパーブーツ。

私は外反母趾(がいはんぼし)がひどくて、ほとんどの靴は痛いんですが、この靴は歩いても全く痛くありませんでした。

白と黒のグイディのジッパーブーツの写真

白もかわいい。

ソフィードールのパンツで大人のエレガンス

次もソフィードールのコーディネート。

アシンメトリーなデザインのブラウスを着てやじろべえのようなガッツの写真

私がやじろべえになっているのは、アシンメトリー(左右非対称)なデザインをお見せようとしているからです。

左に写っている美しい女性は浅田さんのお連れ合いの典子さん。

アシンメトリーなブラウスでポーズをとるガッツの写真

このブラウスにはポケットも付いています。

ポケットのアップの写真

なんとも言えない深い紺色。

ハリのある生地も唯一無二です。

一方ガッツも、このやじろべえっぽさは唯一無二。

アシンメトリーなブラウス 横からのショット

このブラウス、トレーナーのようにかぶって着られるんです。

一見奇抜なデザインなのにシック。

色や素材が良質で、シルエットが考え尽くされているからでしょうね。

ソフィードールのブラウスとパンツを着ているガッツの写真

ウールパンツもソフィドールのもの。

後ろに縫い目がない美しいシルエット。

ソフィードールのブラウスとパンツを着て目をつぶっているガッツの写真

あまりに着心地が良いので立ったまま寝てしまいました。

アラサー娘

アラサー娘

家でもふと気づくとよく寝てるよね。

今度はソフィードールのカーディガンを着てみました。

ボタンレスジャガードカーディガンを着たガッツの写真

ボタンレスのジャガードカーディガンは編み込みが美しく、とても暖か。

カーディガンとベルトのコンビの写真

カーディガンとベルトのコンビネーションが素敵。

これもまた、流行とは関係ない落ち着いたデザインなのに驚くほどおしゃれ。

これを着ている80歳の自分も想像できます。

アラサー娘

アラサー娘

買ってから言え!

バーグファベルの男物のコートをセクシーに

思い切り渋いコートを着てみました。

バーグファベルのコートを着て浅田さんと並んでいるガッツの写真

オーストリアのブランド、Berg fabel (バーグファベル)の男物のコートです。

夫ポンポン

夫ポンポン

バーグサンドってパンにハンバーグはさむやつ?

コートの襟を浅田さんが直している写真

「このコートは、こんな風に着てみましょうか」

と浅田さんが襟元を手直し。

すると

コートの襟元のアップの写真

こなれた感じになりました。

コートの襟のボタンをとめたガッツの写真

一見そっけないコートなのに、とってもスタイリッシュでセクシー。

コートの袖口の写真

袖口のこんな細かい細工がまたステキ。

浅田さんに超おしゃれなコートを脱がしてもらっているガッツの写真

そして脱ぐ時も笑いを取るのを忘れない私。

アラサー娘

アラサー娘

脱ぎ方が下手すぎてスゴイ!
最初の写真と同じだけどね。

いやいや、私はこんな瞬間を撮るあなたがスゴイと思うわ。

50代のコーディネートの悩みはプロに解決してもらう

今回、浅田さんにたくさんの洋服を選んでいただき、つくづくプロのコーディネートは違うなあと思いました。

ケーシーケーシーのコーディネートのガッツの写真

ギャルドローブの洋服はどれも素敵で、どんな風に組み合わせてもおしゃれに見えそうです。

でも浅田さんのコーディネートは全て私の好みのツボをしっかり押さえていて、私の体型にもぴったり。

ソフィードールのワンピースを着てロングコートを着たガッツの写真

もちろん、選んでいただいた洋服を1回で全て買うことは経済的に無理です。

でも、衝動買いはやめ、計画的に少しずつ良いものをそろえていきたいなあと思うんです。

ギャルドローブにお邪魔して、いろいろ試着してみるのが大好きです。

自分では考えつかないような組み合わせや、襟の立て方やストールの巻き方など、おしゃれの小技も勉強できて、とっても楽しいです。

浅田さんに帽子をかぶせてもらうガッツの写真

これからは、流行にとらわれず長く着られて、着れば着るほど愛着がわくような洋服が欲しいなあと思います。

コーディネートに重要なのは統一感!

できれば中身も、粋(いき)で気が利いて、付き合うほどに愛着がわくような、そんな人になりたいもんです。

夫ポンポン

夫ポンポン

あなたは、常におっちょこちょいという意味では、非常に統一感がありますよ!

たくさんのおっちょこちょいの写真

50代のコーディネート・まとめ

ご紹介したコーディネート、5つのおしゃれのコツを実践してるんです。
そのコツはこんな感じ。

  1. テイストを揃える
  2. 丈などはある程度年齢を意識してバランスをとる
  3. 色は1スタイル3色以内にに抑える
  4. 瞬間のトレンドにこだわらず長く着られるものを選ぶ
  5. 華美なもののみをエレガントとしない

この5つのコツも、もちろん浅田さんから教えていただいたものです!
50代の洋服どこで買う?ショップオーナーに聞くおしゃれのコツ5つで詳しくお話ししているので、ぜひそちらもご覧ください。

Garde-Robe (ギャルドローブ)
〒460-0018 愛知県名古屋市名古屋市東区主税町3-25
TEL:052-931-0800 FAX:052-931-0801
open.11:00-20:00

地下鉄「高岳(たかおか)」 1番出口より徒歩10分
市営バス「清水口」「東片端」より徒歩5分

ギャルドローブのお店は、うっとりするようなお洋服ばかり、一度のぞいてみてくださいね。

*お店は2019年2月に移転されたため、記事中の写真は旧店舗のものです。

今回の記事に全面的に協力してくださり、お忙しい中、たくさんのコーディネート、アドバイスを用意してくださった浅田秀之さん、典子さんに深謝いたします。
本当にありがとうございました。

おしゃれになるため修行を続けるガッツ。

50代なら無印良品もおしゃれに着こなせる!では、無印良品の定番商品でおしゃれに挑戦しています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

アラサー娘

アラサー娘

読んでくださった方、本当にお疲れ様でした。

50代のおしゃれコーデでは、髪を魅力的にすることも大切なポイント!
この記事の写真の私の髪、おしゃれコーデにぴったりと思ってくださった方、こんな記事も!

白髪染めをおしゃれにやめる!やめた55歳が美容師さんに聞いた!は、白髪染めをやめたいと思っているあなたのための記事です!

簡単!グレイヘア移行期の髪をしっとりにする方法を美容師さんに聞いた!では髪のパサつきをなくす、とっても簡単な方法をご紹介しております。

スポンサーリンク