レインコート!強雨・強風OKの高機能おしゃれブランド|ゴニョ研

50代をおしゃれに

ノルウェー・ジャン・レインのコートを着ている男性の写真

日本の雨が昔と変わってきましたよね。

極端な天気が多くなった。

短時間に集中して、激しい雨が振ることが多いです。

そんな日でも外出しなきゃって時に、ぜひ着て頂きたい!

レインコート

バッチリあなたを雨から守る高機能なのに、晴れても着たい、超おしゃれなレインコートをご紹介しちゃいます。

高機能レインコートでもおしゃれを諦めるな!

日本の強雨の頻度は驚異的に増えている!

なんだかね、世界中で異常気象が観察されていますよね。

日本も昔に比べると、短時間で大雨が降ることが、明らかに増えています。

全国の1時間降水量50mm以上の年間発生回数は増加しています(統計期間1976~2018年で10年あたり27.5回の増加、信頼度水準99%で統計的に有意)。
最近10年間(2009~2018年)の平均年間発生回数(約311回)は、統計期間の最初の10年間(1976~1985年)の平均年間発生回数(約226回)と比べて約1.4倍に増加しています。

「全国(アメダス)の1時間降水量50mm以上の年間発生回数」、国土交通省、気象庁ホームページ、各種データ・資料、大雨や猛暑日など(極端現象)のこれまでの変化

激しい雨の写真

「日本の雨は長雨でシトシト降る」。

なんて、もう昔の話。

もちろん災害級の異常気象なら外出を控えないと危ない。

そうではない激しい雨なら、しっかり備えて外出しましょう!

強雨でも負けない!かつ最高におしゃれな最強レインコート

強雨だと、もう傘は役立たない!

だから!!

レインコートですよ。

でも、レインコートのイメージってね、なんだかやぼったい服の代名詞みたい。

ところが、超おしゃれで高機能なレインコートもあるんですよ!

そのレインコートを作っているブランドが、ノルウェイジャン・レイン(NORWEGIAN RAIN)

そうです! ノルウェーのブランドなんです。

ノルウェーは北欧諸国の中では降水量が多い国。
年間で2000ミリ以上になり、年間降雨日数は230日を越えるほどです。

だからこそ、「雨の日が楽しみになるようなレイン・ウェアを作りたい」と立ち上げられたブランドがノルウェイジャン・レイン。

ノルウェイジャン・レインって、どんなブランドなのか

ノルウェージャン・レインは、2009年に、デザイナーのT-マイケル氏とクリエイティブ・ディレクターのアレクサンダー・ヘレ(Alexander Helle)氏が始めました。

ヘレ氏はノルウェー南西部の街ベルゲンの生まれ。
マイケル氏はガーナ出身のビスポーク・テーラー(注文服の仕立て人)。

雨を知り尽くしたヘレ氏と、抜群の縫製技術とデザイン力を持つマイケル氏が、最強に高機能で最高に洗練されたレインコートを作っているのです。

強雨に負けない高機能レインコートのその訳は?

ノルウェージャン・レインの全ての製品に採用されているのは、なんと日本製のリサイクル生地。

この生地が3層構造で外側は撥水性に優れたもの、中間には防水膜、内側には通気性の良い素材を使っているため、本当に快適なんだそうです。

徹底的に雨を防ぐために、フードや口をおおうフラップのみでなく、ボタンの位置までが、工夫されています。

高機能レインコートとは思えない上品すぎる外観!

でも、私が一番素晴らしいと思うのは、アウトドアウェア並みの究極の高機能なのに、外観は上品そのものであるということです。

そして、これこそがノルウェージャン・レインのコンセプト!

こんなコートを持っていれば、絶対、雨の日が楽しみになりますって!

私とノルウェージャン・レインの出会い

ノルウェー・ジャン・レインのコートを持っている男性の写真

私がノルウェージャン・レインというブランドを知ったのは、50代の洋服どこで買う?ショップオーナーに聞くおしゃれのコツ5つという記事を書くためにセレクト・ショップに取材に伺った時でした。

ショップのオーナーの浅田さんが、「素晴らしいレインコート」と紹介してくださったのです。

ノルウェー・ジャン・レインのコートを着ている浅田さんの写真

それは男物でした。

私はノルウェージャン・レインのコートに憧れつつも、まだ自分のものにはできていません。

ノルウェージャン・レインは、ノルウェーのみでなく、ロンドン、パリ、東京の神田にもお店があります。

私もそのうち、絶対買うぞ!

皆様も、ぜひ、こんなレインコートで楽しい雨降りの日をお過ごしくださいませ。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク