50代のユニクロ!コーデ次第でここまでおしゃれ|ゴニョ研

2019年11月24日50代をおしゃれに

ユニクロでオシャレなコーデをしてみた写真

夫ポンポン

夫ポンポン

タイトルがずいぶん強気ですよね…。

こんにちは

最近、電車に乗ると、3回に1回は目的地から遠ざかってしまうガッツかよめです。

あなたは、ユニクロにどんなイメージをお持ちでしょうか?

「今日、全身ユニクロ」

なんて言うと、ちょっと自虐的。

私のユニクロのイメージは、

「リーズナブルだけど最高におしゃれなブランドとは言い難い」

「若いうちはいいけど、大人のファッションにはちょっと…」

「ユニクロで超おしゃれコーデは難しい」

そんな感じ。

そこで!

家の中にあるユニクロの洋服を引っ張り出して、どこまでおしゃれになれるか、コーデに挑戦してみようじゃありませんか?!

アラサー娘

アラサー娘

無理じゃね?

50代のユニクロコーデを実践で大研究

娘と私のクローゼットからユニクロを引っ張り出してみた

アラサー娘

アラサー娘

また私の服着るの?
ガッツかよめ

ガッツかよめ

貸して。

紺のブラウス

ユニクロの紺のブラウスの写真

これは、本当にオーソドックスな、レーヨンとポリエステルの混紡の紺のブラウス。

娘が2、3年前に買って、今でも制服のように毎日通勤に着ています。

だから結構色あせちゃってるんですわ。

アラサー娘

アラサー娘

だったら着るな!!

ということで、あまりおしゃれを意識せずに着てみました。

ユニクロの紺のブラウスを着てできる女のポーズを撮っている写真

アラサー娘

アラサー娘

なんのつもり?
ガッツかよめ

ガッツかよめ

できる女風かなと思って。
でも、スカートのボタンがはまらなかったんだわさ!

スカートのボタンがしまっていない写真

夫ポンポン

夫ポンポン

あなたのポンポンもパンパンになってきましたね。

グレンチェックのジャケット

ユニクロのグレンチェックのジャケットの写真

お次は、グレンチェックのジャケットです。

これも実は娘のもので、ユニクロがフランスの人気デザイナー、イネス・ド・ラ・フレサンジュのブランドとコラボして作ったもの。

ユニクロのタグの写真

これも実は娘の通勤着。

白いブラウス

ユニクロの白いブラウスの写真

これは私が2年ほど前に買ったもので、これもイネスとのコラボです。

私はあまりフリルやレースは着ないんですが、これはお気に入り。

では、陽気に着てみます。

ユニクロの白いブラウスを陽気に着た写真

夫ポンポン

夫ポンポン

浮かれて靴脱いだんですかね?

ドット柄のワンピース

ユニクロのドット柄のワンピースの写真

さて、最後はワンピース。

これもイネス。
買ったのは、もう4年前くらい。

では、ちょっくら着てみます。

ユニクロのドット柄のワンピースを着た写真

ユニクロでどこまでおしゃれになれるか実験してみた!

では、今度はちょっと気合を入れて、私と娘の洋服の中から、ご紹介したユニクロの洋服に合うものを選んでみます。
全力でおしゃれコーデに挑みます!!

アラサー娘

アラサー娘

どうして私の服からも探すのよ?
ガッツかよめ

ガッツかよめ

家族は助けあわないとね。

紺のブラウスとグレンチェックのジャケットのコーデ

紺のブラウスのおしゃれコーデで変な靴下をはいている写真

アラサー娘

アラサー娘

やっぱ、おしゃれは足元からだよね。

紺のブラウスとチェックのジャケットのおしゃれコーデの写真

合わせたのは、私の1番のお気に入り、ソフィードールのフレアスカートです。

大きいボタンとたっぷりしたシルエット、張りと光沢のある生地。
本当にこれを着ると気分が上がります。

でね、胸元のブローチも見ていただきたいんです。

マビーユのブローチの写真

アラサー娘

アラサー娘

見たよ!
私のブローチだよね!

このブローチは京都の「マビーユ」というアクセサリーショップで買ったものです。

50代・ロマンチックでお手頃のアクセサリーならマビーユ!で、詳しくご紹介しております。

実は紺のブラウスにグレンチェックのジャケットに紺のスカートという、このコーデも娘からの盗作です。

アラサー娘

アラサー娘

私の服、洗っといてよ!
ガッツかよめ

ガッツかよめ

1回しか着てないんだからいいじゃん!
アラサー娘

アラサー娘

本当に1回だけなのか怪しいもんだよね。
ガッツかよめ

ガッツかよめ

おぬし、鋭いのう…。

白いブラウスのコーデ

ユニクロの白いブラウスを黒のパンツとコーデした写真

黒のショートパンツとざっくりニットのカーディガンを合わせてみました。

カーディガンは、トゥレ・ドゥ・アンサンブル、tous les deux ensemble というブランドのもの。
50代のおしゃれコーデはショップオーナーにおまかせ!では、このカーディガンの別のコーディネートもご紹介しております。

ブラウスがちょっとガーリーで甘い感じなので、全体を少しボーイッシュに辛口にまとめてみました。

全体を女らしくしてしまうと、私はちょっと居心地が悪いんですよね。

夫ポンポン

夫ポンポン

中身と違いすぎるからじゃないですか?
ガッツかよめ

ガッツかよめ

ほっといて!

ユニクロの白いブラウスとデニムをコーデした写真

というわけで、デニムもはいてみました。

アラサー娘

アラサー娘

それも私の!

いやあ、似合いすぎて自分のかと思っちゃいました。

このデニムは日本製で、CANTON OVERALLS(キャントンオーバーオールズ)というブランドのもの。
CANTON OVERALLS は、1963年に誕生した日本初の本格国産ジーンズのブランド CANTON(キャントン)を、2017年に復活させたものなんです。

絶妙な生地の「くたびれ加減」が上品なんです。

ユニクロの白いブラウスとデニムをコーデの後ろ姿の写真

50代だったら、くっきりはっきりには絶対したくない、ヒップ周りのシルエットも、ちゃんと程よく隠してくれて、楽なのにだらしなくならないところがステキなんです。

50代のおしゃれにぴったりでしょう?

アラサー娘

アラサー娘

だから32歳の持ち物だよね?

ユニクロの白いブラウスをチェックのジャケットとコーデした写真

ユニクロのジャケットと合わせてもいい感じ。

ドットのワンピースのコーデ

ユニクロのドットのワンピースのコーデの写真

テレンとした生地でルーズなシルエットのワンピースなので、太いベルトやパールのネックレスで引き締めてみました。

ユニクロのドットのワンピースとコートのコーデの写真

このコートは、ポール・スミスのもので、3,4年前に買ったんですが、死ぬまで着るつもりです。

ユニクロのドットのワンピースとカーディガンのコーデの写真

先ほどのカーディガンを合わせると、ちょっと柔らかい印象になるでしょ?

「ちょっと甘い香りのコロンをつけて、しゃれたお店にご飯を食べに行きたい」

なんて、気持ちになります。

そこで、セクシーなポーズをとってみたりして。

ワンピースのコーデでセクシーなポーズを撮っている写真

夫ポンポン

夫ポンポン

膝の調子が悪いんですか?
アラサー娘

アラサー娘

ババシャツが見えるよ!

50代のユニクロコーデはおしゃれになりにくいのか?

ユニクロでおしゃれコーデを実践してみましたが、いかがでしょう?

アラサー娘

アラサー娘

もう私の服は着るなよ!
夫ポンポン

夫ポンポン

膝を大事にして。

「ユニクロは、50代にとって、おしゃれコーデが難しいブランド」

という考えは、必ずしも当てはまらないようです。

いろいろコーディネートしてみて、「ユニクロ案外いけるじゃん」って思いました。

ユニクロで取り入れるべきアイテムは?

今回着たユニクロアイテムの写真

今回着てみたユニクロアイテムの共通点ってなんでしょう?

紺のブラウス、黒のグレンチェックのテーラード・ジャケット、白のブラウス、ドットのワンピース。

全部コーディネートしやすい、オーソドックスなデザインです。
柄や色もシック。

要は、コーディネートを工夫しやすいアイテムっていうことでしょうか?

ユニクロをおしゃれに着るコツって?

では、コーディネートを工夫しやすいユニクロアイテムを、どう着れば、おしゃれに見えるんでしょう?

質感の良いものと合わせる

ユニクロアイテムと質感の良いものとのコーデの写真

今回、私がユニクロを合わせて成功したと思ったのは、仕立てや生地の質感が良いものです。

ユニクロの良いところは、安価で気軽に着られること。

だから、生地や仕立てはやっぱりお値段相応になりますよね。

でも、コーディネートをそういうものでそろえてしまうと、全体がちょっと残念になっちゃうんですよね。

だから、必ずしも高いものでなくても、生地や仕立てが良いものを合わせると、ユニクロも上品に見えるかなって今回思いました。

アクセサリーやベルトなどの小物を効かせる

よく言われることですが、ハイセンスなジュエリーなど目を引くアクセサリーをつけたり、良いデザインのベルトを締めたりすると、コーディネートがグッと引き締まったり、粋になったりします。

今回着たユニクロアイテムの写真

パールのネックレス1本で、コーディネートの質が1ランク上がる。

センスがいいベルト1本で、装いがグンとおしゃれになる。

私はベルトは3,4本しか持っていませんし、本物のパールのネックレスは1本だけ。

いつも同じものばっかり使っています。

このパールのネックレスを始め、私のとっておきのアクセサリーや、そのコーディネートを、50代・ジュエリーブランドHASUNAで本物のエレガンスを!でご紹介しています。

それらしくまとめない

ユニクロのポスターやネットの商品カタログにあるようなコーディネイトは、確かに無難に思えます。

でも、私は、あえてこれを打ち砕き、それらしくまとめないようなコーディネイトを心がけることが、おしゃれのコツなのかなと思います。

夫ポンポン

夫ポンポン

打ち砕くとかぶち壊すっていうのは、あなたにぴったりですよ。
アラサー娘

アラサー娘

破壊者ガッツ!

例えば、グレンチェックのテーラードジャケットを、タイトスカートやかっちりしたパンツではなく、ロマンチックなフレアスカートと合わせたり、

テーラードジャケットのコーデとボーイッシュなパンツのコーデの写真

ガーリーなフリル付きのブラウスをボーイッシュなパンツに合わせたり。

「ちょっと意外」

な要素を盛り込んだコーディネートを意識すると、ユニクロをおしゃれに着こなせるのではないかと思います。

洋服も靴もバッグもお金をかければキリがない。

リーズナブルなものも上手に取り入れて、賢くお金を使ったおしゃれをしたいなあと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

こんな記事も。

50代の痛くないファッション!56歳が娘の洋服で実験してみたでは、「痛い」アイテムの代表であるミニスカートやメルヘンチックなワンピースを、「痛くない」ファッションにするテクニックをご紹介しています。

スポンサーリンク