春キャベツと豚バラのチャンプルー・お肉がカリッ豆腐がフワッ|ゴニョ研

2022年4月24日とにかく野菜たっぷり料理

春キャベツと豚バラのチャンプルーの写真

こんにちは
春になると、レタス、アスパラガス、タケノコ、春ニンジン、など春野菜がたくさん出回ってウキウキする、野菜レシピブロガー・ガッツかよめです。

そんな中でも春キャベツは、やわらかくて甘くて、ほんとうに春の味!

いつもあるキャベツとは、また違ったおいしさですよね。

火のとおりも早く、時短でお料理できるのもうれしいです。

今回はそんな春キャベツで、豚バラのおいしさをグッと閉じ込めて、しかもカロリーダウンもできる、春キャベツと豚バラのチャンプルーを作ってみました。

春キャベツと豚バラのチャンプルー・豚バラなのにカロリーダウンで◎

春キャベツと豚バラのチャンプルーの写真

材料(2〜3人分程度)

  • 豚バラ薄切り肉・・・・・・100g
  • 春キャベツ・・・・・・3枚
  • 木綿豆腐・・・・・・1/2丁
  • にんじん・・・・・1/2本
  • 青ネギ・・・・・・1/3本
  • 卵・・・・・・1個
  • 花かつお・・・・・・1.5g
  • 塩麹・・・・・・大さじ1

手順

1.豆腐の水切りをする

豆腐はペーパータオルで包み、重石をのせ、20分ほど水切りをします。

豆腐の水切りの写真

2.材料を切り、卵を割ほぐす

にんじんは千切り、キャベツは軸の部分は斜め薄切り、葉はざく切り、青ネギは小口切り、豚バラは3cm程度の長さに切ります。
卵はわりほぐし、1の豆腐は水気を軽くしぼって手で一口大にくずします。

春キャベツと豚バラのチャンプルーの材料の写真

3.にんじんとキャベツの軸をレンジ加熱する

2のにんじんとキャベツの軸を、600Wで1分レンジ加熱します。

レンジ加熱前後のにんじんとキャベツの軸の写真

4.肉を焼く

テフロンのフライパンなら油をひかずに、鉄のフライパンなら油ならしをしてから冷まして、肉を一枚ずつ広げて置き、弱火にかけて焼きます。

肉を焼きはじめたところの写真

両面が焼けて、油が出てきたら、少し火を強めて焦げ目をつけ、

肉に焦げ目をつけたところの写真

肉を取り出し、余分な油をペーパータオルで吸い取って適量にし、この油で豆腐や野菜を炒めていきます。

【油ならし】
鉄のフライパンを焦げつきにくくする作業です。
フライパンを中火で空焼きして、煙が出たら多めの油をひき、フライパンに広げた後にオイルポットに戻します。
調理の前に毎回行うと、焦げつきを防げます。

肉は最初弱火で、油が出たら少し火を強くして、カリッとするまで焼くのがポイントです。
また、肉から出た油を使うことで、野菜に肉の旨みをからませることができます。
さらには、余分な油を吸い取ってしまうので、カロリーダウンにもなりますね〜。

5.豆腐を焼き、野菜を炒める

4のフライパンで豆腐を中火で焼き、続いてキャベツの葉を入れ、さっと炒めたら、レンジ加熱したキャベツの軸とにんじんを加え、炒め合わせます。

春キャベツと豚バラのチャンプルーを炒めたところの写真1

キャベツはさっと火をとおすつもりで、少し強めの火で短時間で炒めます。

春キャベツと豚バラのチャンプルーを炒めたところの写真2

キャベツはまだ生っぽいかなくらいで大丈夫。
炒めすぎないようにするのがポイントです。

6.味つけをし、卵でとじる

最後に肉も戻し入れて塩麹大さじ1で味つけして混ぜ、卵を回しかけて全体を大きく混ぜ、花かつおを加えて器に盛り、青ねぎを散らしたらできあがりです。

春キャベツと豚バラのチャンプルーの写真

味つけは塩麹だけなので、楽チン。
それでも花かつお多めなので、あっさりしているのにうまみもたっぷりで大満足のお味です。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク