ほぼキャベツだけのお好み焼き・節約ヘルシー簡単|ゴニョ研

2021年8月16日とにかく野菜たっぷり料理

ほぼキャベツだけのお好み焼きの写真

こんにちは
キャベツが大好きで、キャベツの首飾りを作って身につけようかと考え中の野菜レシピブロガー、ガッツかよめです。

アラサー娘

アラサー娘

お腹が減ったとき便利だよね。
夫ポンポン

夫ポンポン

食べてるとこを想像すると恐ろしいですね。

というわけで、今回は、キャベツがたくさん食べられて、しかもヘルシーで超節約レシピ、ほぼキャベツだけのお好み焼きをご紹介します。
外はパリッ、中はふんわりだけどキャベツはシャキッとして、桜えびの香りが最高で、いくらでも食べられます。

桜えび香る! ほぼキャベツだけのお好み焼き・簡単レシピ

ほぼキャベツだけのお好み焼きの写真

材料(2~3人分程度、28cmのフライパン1枚分)

  • キャベツ・・・・・・7枚(350g)
  • 桜えび・・・・・・大さじ5(15g)
  • じゃがいも・・・・・・1個
  • 小麦粉・・・・・・1カップ
  • 卵・・・・・・2個
  • 水・・・・・・1/2カップ
  • 油・・・・・・適量
  • マヨネーズ・・・・・・適宜
  • しょうゆ・・・・・・適宜
  • 七味唐辛子・・・・・・適宜

手順

1.キャベツを切り、じゃがいもをすりおろす

キャベツは外葉や芯も含めて粗みじん切りにします。

キャベツを粗みじん切りにした写真1

お好み焼きは千切りというイメージが強いですが、みじん切りにするとふわっと焼き上がります。それにしても量が多いですね。

キャベツを粗みじん切りにした写真2

じゃがいもは皮をむき、2、3回水にさらしてからすりおろします。

2.材料を混ぜ合わせる

大きめのボウルに卵2個を割りほぐし、1のキャベツとじゃがいも、小麦粉1カップ、水1/2カップ、桜えびを入れてよく混ぜます。

お好み焼きのタネを混ぜ合わせた写真2

3.焼く

大きめのフライパン(直径28cm)に、油をひき、2を流し入れて均等に伸ばし、

お好み焼きを焼いている写真1

フタをして弱火〜中火で焼きます。
フライパンを左右に振ると全体が固まって動くようになったら、これがひっくり返しOKの合図です。
でも、フライパンもお好み焼きも大きいので、フライパンを振って上下を返すのはちょっと難しいです。
そこで、大きな平皿をフライパンにかぶせて、フライパごとひっくり返すようにお好み焼きを皿にのせます。こうすると焼いた面が上になっているので、皿からフライパンを滑らすように移動させると、焼いていない面が下になります。

お好み焼きをひっくり返しところの写真

またフタをして、両面良い焼き色になるまで焼いたらできあがりです。

お好み焼きの写真

ひっくり返すときと同じ容量で皿に盛って、食べやすい大きさに切ってください。

切ったお好み焼きの写真

おすすめのタレは、しょうゆとマヨネーズと七味唐辛子です。
この3つは桜えびとの相性が抜群なんです。
七味唐辛子は一味でもいいし、お好きな唐辛子を使ってください。私は京都の黒七味が大好きです。

切ったお好み焼きの写真

本当に簡単なのに、ときどき無性に食べたくなるくらいおいしいと私は思います。
肉なしでも生きていけるかも。

ぜひお試しください。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク