小松菜と高野豆腐のグラタン・簡単! ホワイトソースいらずレシピ|ゴニョ研

とにかく野菜たっぷり料理

小松菜と高野豆腐のグラタンの写真

高野豆腐って、あんまり使わないっていう方が多いと思うんですが、高野豆腐はおいしくて高タンパク低カロリーで、おまけに保存も効くから、本当に便利なんですよ。

前に、ねぎとしめじのスープグラタン・レンチンして焼くだけというレシピをご紹介しました。

ねぎとしめじのスープグラタンの写真

これも高野豆腐で作るグラタンで、本当においしいし簡単に作れるんですが、生クリームを使うからカロリーは高い。
それに、おいしくて食べ過ぎちゃうとなんだか胃が重たい…。

夫ポンポン

夫ポンポン60代

消化能力にも加齢変化があるんですね。
ガッツかよめ

ガッツかよめ50代

記憶力に比べれば変化が緩やかだけどね。

だから、今回は牛乳で、そして小麦粉は使わず片栗粉で作ってみました
高野豆腐は、野菜やきのこ、そしてチーズとの相性も抜群!
野菜ときのこは、冷蔵庫にあるもので大丈夫ですよ。

そしてホワイトソースを作らなくてもできるから、本当に楽チンなんです。
今回は、小松菜と高野豆腐のグラタンのレシピをご紹介します!

高野豆腐と小松菜のグラタン・牛乳と片栗粉のソースで簡単レシピ

小松菜と高野豆腐のグラタンの写真

材料(3人分)

  • 高野豆腐・・・3個
  • 牛乳・・・300ml
  • 小松菜・・・95g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • しいたけ・・・2個
  • 桜エビ・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 溶けるチーズ・・・適量
  • 油・・・大さじ1

手順

(1)高野豆腐を牛乳で戻す

高野豆腐をグラタン用の耐熱皿などに入れ、半量(150ml)の牛乳で戻し、切れる程度のやわらかさになったら一口大に切り、もう一度、残りの牛乳(150ml)に浸して戻します。
切るとき、高野豆腐から牛乳がちょっと染み出しますが、ごく少量なので、気にしなくても大丈夫です。

高野豆腐を牛乳に浸している写真

(2)野菜を切る

玉ねぎは繊維に垂直に薄切り、しいたけは軸と傘に分けて軸は縦に薄切り、傘は2~3mm程度の幅に切り、小松菜はざく切りにします。

小松菜としいたけと玉ねぎを切ったところの写真

(3)野菜を炒める

フライパンに大さじ1の油を入れ(2)を中火と弱火の間の火加減で炒めます。
油が回ったら、ひとつまみの塩を加えてさらに炒め、桜エビを加えて、

野菜を炒めているところの写真

片栗粉小さじ1を全体にふりかけて、粉っぽさがなくなるまで炒めます。

炒めた野菜に片栗粉をふったところの写真

(4)野菜と高野豆腐を混ぜて焼く

(3)のフライパンを弱火にして(1)の高野豆腐を牛乳ごと入れ、全体を大きく混ぜて火を止め、

炒めた野菜と戻した高野豆腐を混ぜたところの写真

耐熱容器に移して

高野豆腐と小松菜のグラタンを焼く前の写真

溶けるチーズをたっぷりかけ、190℃に余熱したオーブンでオーブンで10〜20分、ほどよい焦げ目がつくまで焼いたらできあがりです。

小松菜と高野豆腐のグラタンの写真

とっても手軽でおいしい!
冷蔵庫の残り野菜の消費にもピッタリ!
ほうれん草でも菜花でも青梗菜でも春菊でも、炒めておいしくて、チーズと相性の良い野菜ならなんでもいけそうです!

ぜひお試しください!

高野豆腐を洋風で食べるレシピをたくさんご紹介しております!

高野豆腐の料理の写真

高野豆腐を洋風でおいしく食べよう! 子どもも大喜びの簡単レシピ

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク