蒸しナスのイカすり身添え・やわらかレシピ|ゴニョ研

2020年10月9日とにかく野菜たっぷり料理

蒸しナスのイカすり身添えの写真

こんにちは
長年歯槽膿漏を患う夫が歯痛を訴えるたび、料理に悩むガッツ・かよめです。

なるべくおいしくて食べやすいものをと思うのですが、失敗のときも数知れず。
今回、イカをフードプロセッサーにかけてみたら、味・食べやすさとも大成功だったので、ご紹介します。
蒸しナスにイカのすり身を添えれば、食べやすくておいしい主菜になります。
そして、レシピはとっても簡単です!

蒸しナスのイカすり身添え・レシピ

蒸しナスのイカすり身添えの写真

材料(大人4人分程度)

  • 長なす・・・・・・2本(320g、普通のナスなら2~3本)
  • イカの胴・・・・・・1杯分
  • 片栗粉・・・・・・大さじ1
  • ◯めんつゆ・・・・・・100ml
  • ◯水・・・・・・50ml
  • ◯ごま油・・・・・・小さじ1(漬け汁用)
  • ごま油・・・・・・小さじ1(炒め用)
  • 小ネギ(あれば)・・・・・・少々

手順

1.長ナスレンジ加熱してめんつゆに漬ける

ナスはヘタを取り除き、ピーラーで皮をむき、6cm程度の長さに切って耐熱皿に並べ、フワッとラップをするかシリコーンのフタをかぶせて、電子レンジ(600w)で3〜4分、様子をみながら加熱します。
ナスがやわらかくなったら、熱いので注意しながら軽くしぼって、◯(めんつゆ100ml・水50ml・ゴマ油小さじ1)を混ぜた漬け汁に漬けます。

2.イカをいためてフードプロセッサーにかける

イカは、足をワタごと抜き取り、ワタは除き、胴から軟骨を取り、1cmの輪切りにし、ごま油小さじ1でさっといためて、なめらかになるまでフードプロセッサーにかけ、片栗粉大さじ1を加えてよく混ぜます。
これをスプーンですくって、1のナスの上に盛りつけ、あれば小ネギを散らします。

蒸しナスのイカすり身添えの写真

できあがりです。

蒸しナスのイカすり身添えはお弁当にも! 色鮮やか

蒸しナスのイカすり身添えは、漬け汁につけて冷蔵庫に保管し、翌日のお弁当にも使いました。

蒸しナスのイカすり身添え入りのお弁当の写真

汁気を切って、シリコンや紙のカップに詰めてお弁当箱に入れれば、いろどり豊かなお弁当のできあがりです。

歯が痛いときや治療中のときって、コンビニでも食べられるものが少なかったり。
困りますよね。

イカは、さっと炒めてフードプロセッサーにかけると、とってもなめらかで、歯が悪い人も食べやすくなります。
食感はイカとは思えないやわらかさですが、味は濃厚でイカそのもの。

ぜひお試しください。

そうそう、ナスの皮はきんぴらにすると、とってもおいしいです。

ナスの皮のキンピラの写真

これは大長なすの皮で作ったんですが、長ナスでも普通の千両ナスでも、食べやすい大きさに切ったナスの皮を、ごま油で炒めて、しょうゆとみりんで味つけするだけです。
鶏の皮や豚コマなどをいっしょに炒めても、とってもおいしいです。
残念ながら、これはそれほど柔らかくないですけどね。

ほかにも柔らかい料理のレシピをたくさんご紹介しています。

柔らかい料理の写真のコラージュ
柔らかい料理・おいしくて簡単なレシピ28選

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク