かぼちゃのカリカリチーズ焼き!切って焼くだけ!|ゴニョ研

2017年12月7日超簡単料理

かぼちゃのチーズ焼きの写真

こんにちは ガッツかよめです。今日はかぼちゃのカリカリチーズ焼きをご紹介します。もうほんと切って焼くだけなんです。でもチーズカリッカリでかぼちゃは甘くて、いくらでも食べられちゃう! ワインでもビールでも白ごはんでも、ドンと来いです!!

材料3つ!かぼちゃが切れたら、ほぼ完成!超時短レシピ

もう今日はなるべく楽をしたいという日に(ガッツは基本毎日そう)、こんなメニューはいかがでしょうか? これ簡単なわりにおかずにもつまみにもいいし、見栄えがして存在感が圧倒的なんです。

台所でお手伝いできるお子さんがいるご家庭なら、かぼちゃを並べて塩こしょうして、オリーブオイルとチーズかけるのは、おまかせしてはどうでしょう?

材料 (大人3人分)

  • かぼちゃ 適宜(直径20㎝程度の耐熱皿なら1/4個程度)
  • オリーブオイル 大さじ1弱
  • 溶けるチーズ 適宜
  • 塩・コショウ 少々

1.オーブンを200℃に予熱しておく

あらかじめオーブンを200℃に予熱しておきます。

2.かぼちゃを切る

かぼちゃをなるべく薄く切ったところの写真

かぼちゃをなるべく薄く切ります。
この写真、なんなの? って写真で、ホント申し訳ないです。いや、薄く切るっていうのを言いたいだけなんです。薄ければ薄いほどカリカリして美味しいです。でもかぼちゃって、切るの難しいですよね。かぼちゃをしっかり安定させ、切断面が床と垂直になるように置いて切ってください。多少厚さに差が出ても、いびつな形でも、チーズかけて焼くと見えなくなるので大丈夫です。

3.切ったかぼちゃを耐熱皿に並べる

かぼちゃを耐熱皿に並べた写真

なるべく重ねないように並べます。ご覧のとおり、ええころ加減で大丈夫です。

4.オリーブオイルをかけ塩こしょうしてチーズをのせる

かぼちゃを耐熱皿に並べチーズをかけた写真

全体にオリーブオイルをまわしかけ、塩こしょうして、お好みの量のチーズをかけます。
塩少なめ、チーズ多めが美味しいです。「その写真はいるんですか?」っていう写真ですが。

オーブンで10分ほど焼く

200℃に予熱したオーブンで10分くらい焼いてチーズがこんがりしたら出来上がりです。こんがりするまで、様子を見ながら追加加熱してくださいね。

今夜の夕食メニューの御紹介!ソーセージのポトフも!

かぼちゃのチーズ焼き中心の夕食の写真

この日の晩御飯のメニューです。

かぼちゃのカリカリチーズ焼きのほかに

ソーセージのポトフ

ソーセージのポトフの写真

生麩(ヨモギ麩)とプチトマトのバターソテー

ヨモギ麩とプチトマトのソテーの写真

も用意しました。

このヨモギ麩は本当に美味しいです。煮物はもちろん、鍋に入れてもおいしい。バターソテーは全く塩コショウせず、バターちょっと多めで、ちょっと焦げ目がつくくらいに、ただ焼くだけです。バターとヨモギのハーモニーが新鮮で、コクがあってもっちもちの食感で、赤ワインがごくごく飲めました。
一つだけコツがあるとすると、それはなるべくあっつあつに焼くことです。

そうそう、麩なだけに、フーフーして食べるんですよー!

ちょっと、ちょっと、あんた何やってんの?

3Dプリンターで武器を作っている男のイラスト

わかった、わかった。もうくだらなすぎるギャグはやめるから。

3Dプリンターで武器なんか作るのやめて~~!

もう終わりますね。

読んでいただき、ありがとうございます。お料理上手になりたいガッツ、皆さんのアドバイスもお待ちしております。ぜひとも感想・リクエストなどもお寄せください。

スポンサーリンク