ジャズおすすめ

今回ご紹介するのは、グラミー賞受賞13回、サラ・ヴォーン、ビリー・ホリデイと並び称されるジャズヴォーカルの女王、エラ・フィッツジェラルドのベルリンでのライブ盤です。歌うために生まれたエラを1万2千人の聴衆とともに堪能できます。 ...

ジャズおすすめ

ジャズのライブが大好きな私が、ジャズライブの楽しさをゆるっとご紹介しようと思います。今回は、料金、ライブの選び方、予約など、いざ行くと決めたらどうするかを、ガッツの経験からの考えをお伝えしていこうと思います。

ジャズおすすめ

ジャズオルガンの大魔王ジョーイ・デフランセスコの驚異のオルガントリオ・ライブ動画を見ながら、私はこんな風に楽しんでるよっていうお話をしております。私のざれごとは気にせず、動画だけでも見てやってください。

ジャズおすすめ

Take6はグラミー賞10回受賞の世界最高峰のアカペラ・グループ!そんな彼らの2000年リリースの、ブルー・ノート東京でのライブアルバムをご紹介します。生でもむしろCDより完成度が高い、感動的な彼らのステージを試聴してください。

ジャズおすすめ

トランぺッターとして、ジャズでもクラッシックでも不動の地位を確立したウィントンのアルバム。音楽的に最上級なのに、超親しみやすく全く肩の凝らない、数少ないジャズアルバム。ほぼ間違いなくあなたを幸せにします。

ジャズおすすめ

憧れの Take6 の Claud Mcknight の手ほどきで、クリスマスソングを一緒に歌うワークショップとライブに行ってきました。今回は報告2回目。ライブの様子をご報告し、Claudが歌った曲の一部を録音盤で聴いて頂きます。

ジャズおすすめ

憧れの Take6 の Claud Mcknight の手ほどきで、クリスマスソングを一緒に歌うという貴重な体験をゆるっと書いてみました。Claud の超絶ボーカルのからくりの直伝も、ちょっとご報告。

ジャズおすすめ

このアルバムは、ジャズを初めて聞く方にうってつけ!とてもわかりやすくて楽しい。それでいて美しくてなんと表現力豊かなことか。アップテンポの曲はノリノリに、バラードの曲はしっとりと。さあ、あなたも、是非ジャズ部へ。

ジャズおすすめ

Nathanは演奏を始めた途端、曲に躍動感あふれるリズムを吹きこむ凄腕の音楽家。現在はボブ・ジェイムスらと“Four Play” で活動。クラプトンやスティービー・ワンダー、ダフトパンクなどのバックを務めた彼の初のソロ。豪華ゲストの競 ...

ジャズおすすめ

世界的歌手トニー85歳の作品。豪華ゲスト17人とのデュエットでグラミー賞3部門、ビルボード初登場1位獲得。エイミー・ワインハウス、ウィリー・ネルソンなど多彩なゲストの新たな一面を、絶妙な選曲と珠玉のアレンジで見事に引き出した最高の一枚 ...