揚げコールラビの香ばしサラダ・かたいコールラビにおすすめ|ゴニョ研

2021年6月15日とにかく野菜たっぷり料理

揚げコールラビの香ばしサラダの写真

こんにちは
コールラビを見るたび頬ずりしたくなる、野菜料理研究家のガッツかよめです。

アラサー娘

アラサー娘

頬ずりした後、ちゃんと洗ってね。

というわけで、今回は、コールラビをコロコロに切ってカリッと揚げてサラダにトッピングしちゃいました。
これは、繊維が多くかたいコールラビの場合、ぜひオススメしたい調理法です。
農家さんに聞いたんですが、コールラビって大きくなりすぎるとかたくなってしまうんだそうです。
かたいコールラビは、生でサラダにしても煮物にしても、繊維が気になるので、断然これがおいしいですっ!
コールラビを小さく切って揚げれば、繊維もそれほど気になりません。
このコールラビをトッピングすれば、とっても香ばしくておいしいサラダができあがりますよ。

カリカリ揚げコールラビとハムの香ばしいサラダの作り方

揚げコールラビの香ばしサラダの写真

材料(大人4人分程度)

  • コールラビ・・・・・・1/2個(正味150g)
  • 薄切りハム・・・・・・50g
  • レタス・・・・・・1/3個
  • ミニトマト・・・・・・8個
  • たまねぎ・・・・・・1/2個
  • レモンの半月切り・・・・・・適宜
  • 揚げ油・・・・・・適量
  • ○レモン汁・・・・・・大さじ1
  • ○塩・・・・・・小さじ1/3
  • ○粗びき黒こしょう・・・・・・少々
  • ○オリーブオイル・・・・・・大さじ1

手順

1.材料を切る

コールラビは、茎と葉、および頭と底の硬い部分は切り落とし、皮を厚めにむき、

皮をむいたコールラビの写真

5mm角程度のサイコロ状に切ります。
玉ねぎは薄切りにし、ミニトマトはヘタを取り、ハムは半分に切り1cm幅に切ります。

2.コールラビを揚げる

コールラビを180℃で、薄く茶色になるまで揚げて紙などの上に広げ、塩少々(分量外)をふります。

3.サラダボールに盛りつける

レタスを一口大にちぎってサラダボールに入れ、次に玉ねぎ、ハムを盛り、コールラビをのせて、ミニトマトを周囲に散らし、レモンの半月切りも盛ります。

4.ドレッシングを作る

小鉢などに、○(レモン汁大さじ1、塩小さじ1/3、粗びきこしょう少々、オリーブオイル大さじ1)を入れてよく混ぜて、食べる直前にサラダにかけます。

揚げコールラビの香ばしサラダの写真

揚げたコールラビがハムととってもよく合って、むっちゃ香ばしくておいしいです。
できたてがカリッとしておいしいですが、数時間冷蔵庫で保存して、コールラビがしんなりしてしまっても、香ばしさは残っていて、それなりにおいしく食べられます。
ドレッシングは食べる直前にかけてくださいね!

夫ポンポン

夫ポンポン

これはウマい!!

今回はレタスを使いましたが、水菜やからし菜、ルッコラなどでもおいしくできると思います。

ぜひお試しを。

ほかにもいろいろなコールラビのレシピをご紹介しています!

コールラビやコールラビの料理の写真
かわいさで大人気! コールラビのおいしい食べ方|ゴニョ研

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク