カーボロネロと牛すじのトマト煮込み・リメイクでドリア風も|ゴニョ研

とにかく野菜たっぷり料理

牛すじ肉とカーボロネロのトマト煮込みの写真

カーボロネロは、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がとっても豊富で、数少ない、煮込むと美味しい緑黄色野菜です。
一見調理が難しそうですが、とにかく煮込むとおいしいので、実はとっても使いやすいんです。

カーボロネロの写真

というわけで、カーボロネロを牛すじ肉といっしょにトマト煮込みにしてみました!

牛すじ肉とカーボロネロのトマト煮込みのレシピ

牛すじ肉とカーボロネロのトマト煮込みの写真

材料(大人4人分程度)

  • カーボロネロ・・・・・2枚
  • 牛すじ肉・・・・・400g
  • ベーコン(厚切りかブロック)・・・・・80g
  • 玉ねぎ・・・・・1個
  • にんじん・・・・・1本
  • トマト水煮缶(ホール)・・・・・1缶
  • にんにく・・・・1片
  • 赤ワイン・・・・・100ml
  • 水・・・・・200ml
  • オリーブオイル・・・・・適量
  • ローレル・・・・・1枚
  • 塩・・・・・小さじ1/2

手順

(1)カーボロネロの葉をゆでる

カーボロネロの葉は塩少々(分量外)を入れた熱湯で、10分ほどゆでて水にとり、しぼってざく切りにします。
下ゆでをするのが、カーボロネロの調理のコツです。

(2)牛すじ肉をゆでて水洗いする

牛すじ肉は一口大に切って、たっぷりの熱湯で3分ほどゆでて水洗いします。

(3)材料を切る

ベーコンはできれば厚切りかブロックのものを1cm幅の短冊切りに、玉ねぎは繊維に沿って8等分のくし形切りに、にんじんは一口大の乱切りに、にんにくは芽を取り除いてみじん切りにします。

牛すじ肉とカーボロネロのトマト煮込みの材料の写真

(4)ベーコンと野菜を炒める

フライパンに適量のオリーブオイルと、ベーコン、にんじん、玉ねぎを入れて中火で炒め、油が回ったらにんにくを加えて弱火で炒め、

野菜を炒めてニンニクを入れたところの写真

香りが立ったら赤ワイン100mlを入れ、中火で2、3分煮てアルコールを飛ばします。

ワインを入れた後の写真

(5)煮る

(4)を煮込み鍋に移して、(1)、(2)、水200ml、ローレルとともに、トマト缶も、トマトを手でくずしながら加え、煮立つまで強火にかけます。

牛スネ肉とカーボロネロのトマト煮込みを煮ているところの写真

煮たったらアクをとって弱火にし、肉がやわらかくなるまで1〜2時間煮ます。
私は今回、圧力鍋を使ったので、強火で煮てアクを取った後、圧力をかけて弱火で30分ほど煮たら火を止め、そのまま冷まして、圧力が下がってからフタを開けました。

このとき、煮汁が多いようなら、フタを開けて中火で煮詰めます。

できあがりです。

牛スネ肉とカーボロネロのトマト煮込みの写真

牛すじ肉とカーボロネロのトマト煮込みは、リメイクでドリア風に

牛スネ肉とカーボロネロのトマト煮込みをドリア風にアレンジした写真

このカーボロネロと牛すじのトマト煮込みは、できれば、たくさん作って、ぜひ次の日も食べていただきたいんです。

もちろん、そのまま食べても次の日の方が味がしみておいしいんですが、もうちょっと手を加えるなら、残りご飯を使ったドリア

ドリアは本来ベシャメルソース(ホワイトソース)をご飯にかけてチーズをのせて焼くのですが、トマトソースでをのせるのも、これがまたなかなかオツなんです。

残りご飯をレンチンで温めて耐熱皿に入れ、その上に牛すじ肉とカーボロネロのトマト煮込みをかけ、溶けるチーズを多めにかけて、210度に予熱したオーブンで、チーズに焦げ目がつくまで10分程度焼くだけです。

もう大人気で、あっという間になくなりました。

ぜひ作ってみてくださいね。

カーボロネロのレシピ、たくさんご紹介しております。

カーボロネロとカーボロネロの料理の写真
カーボロネロのレシピ・煮込みにチップス、調理のコツもご紹介|ゴニョ研

スポンサーリンク