玉ねぎの甘酢漬け・アレンジ自在! 簡単にすぐできるレシピ|ゴニョ研

2022年3月22日とにかく野菜たっぷり料理

玉ねぎって、本当に使えるやつですよね!
煮物に入ったトロトロの玉ねぎに心底ほっこりするし、サラダのドレッシングの染みた玉ねぎはさわやか。
オニオンリングとか玉ねぎステーキなんか、主食にしたいくらいです。

特に私は、春にしか出回らない新玉ねぎが大好きです。
辛味も少ないから生がとってもおいしいし、火のとおりも早いから1個丸ごと煮ても、すぐやわらかくなるんですよ。

というわけで、今回は、玉ねぎの甘酢漬けを作ります。
もう本当に簡単!
もちろんそのまま食べてもおいしいです。
作っておけば、さっと何かを混ぜるだけで、サラダに和物に、洋風にも和風にも中華風にもアレンジ自在です。

普通の玉ねぎでもおいしいですが、新玉ねぎならもっと甘くておいしくなります!

玉ねぎの甘酢漬け・パパッと超簡単レシピ

玉ねぎの甘酢漬けの写真

材料

  • 玉ねぎ・・・・・・1個(275g)
  • 砂糖・・・・・・大さじ2
  • 酢・・・・・・大さじ2
  • 塩・・・・・・小さじ1/2

手順

1.玉ねぎを切って空気にさらす

玉ねぎは少し水に浸けておくと皮がむきやすくなります。
上下を落として皮をむき、縦に2つ割りにして、根元を少し切り落とし、繊維に垂直に薄切りにします。
玉ねぎは繊維に沿って切るよりも繊維に垂直に切ったほうが甘くなります。

そして、バットに広げ、15分ほど放置して辛味抜きをします。
水にさらす方法が一般的ですが、水にさらすと水溶性のビタミンが失われてしまいます。

2.甘酢につける

15分たったら玉ねぎを保存容器に入れ、砂糖・酢各大さじ2、塩小さじ1/2を加えて混ぜます。

もうできあがり。

玉ねぎの甘酢漬けの写真

すぐ食べてもおいしいんですが、数時間後だと、さらにコクのある味でおいしくなります。

冷蔵庫で4、5日は保存可能です。

玉ねぎの甘酢漬けの写真

玉ねぎの甘酢漬けのアレンジ

甘酢玉ねぎとアレンジ料理の写真

この玉ねぎの甘酢漬けは、花かつおやもみのりなどを加えて和物にしても、ほかの野菜を加えてサラダにしても、とってもおいし院です。
加熱調理もできます。
例えば、にんじんやきのこといっしょに炒め煮にし甘酢あんを作って、お肉や野菜に添えても、絶品です。

焼きさばの甘酢あんかけ

焼きさばの甘酢あんかけの写真

にんじんやしいたけを炒め煮して玉ねぎの甘酢漬けを加えれば、あっという間においしい甘酢あんのできあがり。
さばの切り身をフライパンで焼いて、甘酢あんをかけます。

詳しいレシピ玉ねぎの甘酢漬けで簡単! 焼きさばの甘酢あんかけへ。

甘酢玉ねぎとスモークサーモンのサラダ

甘酢玉ねぎとスモークサーモンのサラダの写真

玉ねぎの甘酢漬けにスモークサーモンを混ぜ、レタスを敷いた器に盛り、ミニトマトのくし形切りと細ねぎの小口切りを添えるだけ。
玉ねぎの甘酢漬けとスモークサーモンの塩辛さが絶妙に合って、もうそれ以外の味付けは要りません。

甘酢玉ねぎの和物

甘酢玉ねぎともみのりの和物の写真

甘酢漬けの玉ねぎにちょっとした海の幸を加えて和えれば、酒の肴や副菜に大活躍です。
加えるのは、もみのり、桜海老、しらす干し、花かつお、塩昆布、ツナなどです。

甘酢玉ねぎともみのりの和物の写真

ホタテやタコのお刺身などを加えれば、豪華な一品になります。

甘酢玉ねぎで作ったタコの和風カルパッチョの写真

上の写真は、お皿にタコのお刺身を敷きつめ、その上に玉ねぎの甘酢漬けをたっぷりのせて、ごま油としょうゆを少量かけて、青ねぎをちらしました。
てっぺんにのっているのは、くし形切りにしたミニトマトです。

こんなふうに、お好みで、しょうゆ、ごま油、太白ごま油、サラダオイル、オリーブオイルなどを加えてくださいね。

ぜひお試しください〜!

この玉ねぎの甘酢漬けのほか、90分で6品作るオンライン料理教室も開催中です!

野菜丸ごと使い切り講座の料理の写真
【野菜好き必見】野菜丸ごと使い切り・あっという間の健康節約簡単料理

スポンサーリンク