50代デニムコーデ・大人のおしゃれは自然体で!|ゴニョ研

2020年4月10日50代をおしゃれに

ガッツのデニムコーデの写真

こんにちは。

デニムが大好きで、週8デニムのガッツかよめです。

アラサー娘

アラサー娘

週に1日は2本重ねてはいてるわけだな。

私の普段着のデニムコーデ・コレクションをスーパーモデル、ガッツかよめがランウェイでご紹介します。

アラサー娘

アラサー娘

ランウェイの突き当たりはトイレです。
夫ポンポン

夫ポンポン

スーパーマーケットのモデルって大変なんですね!

しかし、こんな風にカジュアルにしてしまうと、ほんの少しおばさんぽい。

ちょっと生活の疲れが見えますね。

夫ポンポン

夫ポンポン

疲れているようには全く見えません。

じゃあ、どうすれば50代がおしゃれにデニムを着こなせるのか、いつもように娘の洋服も総動員して考えてみました!!

アラサー娘

アラサー娘

何が「いつものように」なんだよっ!!

50代のデニムコーデをおしゃれに!57歳が実践してみた

50代のデニムがなんだか決まらない原因は、ウエスト、ヒップ、太もも、下腹あたりが、若い頃に比べると、ちょっと切ない感じだからじゃないでしょうか?

この辺をどのようにして、どのようにしてカバーするか、それが課題です。

夫ポンポン

夫ポンポン

私は髪の毛が切ない…。
アラサー娘

アラサー娘

お腹も十分切ないと思うよ。

ワンピやロングシャツで気になる部分をうまく隠す

ロングシャツとデニムのコーディネートの写真

ロングシャツのブランドは、BEAUMONT ORGANIC(ボーモント オーガニック)

イギリス人デザイナーの Hannah Beaumont (ハンナ・ボーモント) が手掛ける、エシカル・ブランド。

素材はオーガニック、製造過程の労働環境の適正や貿易の公平性にもこだわって、人にも地球にも優しい服なんです。

ロングシャツとデニムのコーディネートを横から見た写真

100%麻で、とってもサラッとして着心地が良いんですよね。

アラサー娘

アラサー娘

私のだろっ!!
ガッツかよめ

ガッツかよめ

そうだっけ?

トップの丈が長いと、ストンとした縦ラインが強調されて若干細身に見えるような気がします。

ロングシャツと黒のスキニーデニムのコーディネートの写真

上の写真は “CristaSeya(クリスタセヤ)" というブランドのシャツを合わせました。

ジーンズのときは、後ろ姿も気になりますよね。
ロングシャツを羽織れば、後ろ姿ではお尻も太もももしっかり隠れて安心です。
細身のトップスとスキニーを合わせるのは難しいけれど、こんな風にロングシャツを組み合わせるコーデはありです。

デニムは、無印良品の黒のスキニーです。

このシャツは前をしっかりとめるとワンピースにもなるんで、やってみました。

クリスタセヤのロングシャツと黒のスキニーで前を留めた写真

夫ポンポン

夫ポンポン

タオルと洗面器がいるでしょ?
アラサー娘

アラサー娘

旅館の浴衣じゃないらしいよ。

ストールで縦のラインを強調

ブルーデニムに白いシャツでショールを巻いた写真

アラサー娘

アラサー娘

机やら本やら、すごい写り込み!!
ってか、そのストール私の一番大事なやつだよね?!

ストールは、Faliero Sarti(ファリエロ・サルティ)、シャツはベルギーのアントワープ生まれのデザイナーが手がけるSOFIE D’HOORE(ソフィードール)のものです。

ストールを巻けば、視線をそらせつつ、縦のラインも強調できますね。

スキニーパンツにシルクのブラウスでショールを巻いた写真

このコーデは、50代の痛くないファッション!56歳が娘の洋服で実験してみたでもご紹介したものですが、ブルックスブラザーズの絹のブラウスを合わせて、ちょっと女らしいコーディネート。

夫ポンポン

夫ポンポン

ああ、最初の動画でもストール巻いてましたね。
ガッツかよめ

ガッツかよめ

あれといっしょにしないでっ!!

ゆとりのあるデニムですっきりと

チェックのシャツをデニムに羽織ったコーディネートの写真

今度はデニムのオーソドックスなコーデ。
白のTシャツをインして上からチェックのシャツを羽織りました。

チェックのシャツはオーガニックコットンで、メンズのユニクロのものです。

デニムはハイライズ
つまり、股上が深いんですね。

で、ウエストもヒップも太ももも、全体的にゆとりのあるスタイル。

チェックのシャツをデニムに羽織ったコーディネートで横向きの写真

こんなコーディネイトなら横から見られるのも怖くないです。

カジュアルになりすぎると面白くないので、小さいダイヤモンドのネックレスで小技を効かせてみました。

胸元のダイアモンドのネックレスの写真

次は、同じシャツを違うデニムにインしてみました。

チェックのシャツを厚地のデニムにインしている写真

このデニムもユニクロのメンズですが、とても厚地でハイライズ。

ヒップ周りや太ももは先ほどのデニムよりさらにゆったりです。

なので、トップスをインしてもバランスよくまとまります。

ボリュームのあるトップスでバランスを取る

ボリュームのある緑のブラウスとデニムのコーデの写真

このグリーンのブラウスは、ソフィードールのものです。

張りのあるコットンで丈も長く、大きなシルエットで、気になるウェスト周りをさりげなく隠せます。

ボリュームのある白のブラウスとデニムのコーデの写真

こちらもかなりオーバーサイズなソフィードールのブラウス。

厚地のコットンで、胸元の切替でタックを取り、ボタンは後ろです。

ボリュームのあるブラウスとデニムのコーデの後ろ姿の写真

ヒップラインも問題なしでしょう?

夫ポンポン

夫ポンポン

中身は問題だらけですが…。

ボリュームのある白のブラウスとデニムのコーデの写真

今度はボリューミーなコットンのブラウスですが、薄地。

光沢のある白が50代のくすみがちな肌を明るく照らしてくれます。

白のブラウスとデニムのコーデのサイドからの写真

横から見るとかなりお腹ぽっこりなんですが、なんとかブラウスでごまかせてます。

アラサー娘

アラサー娘

甘いな…。ぽっこりはぽっこり!

このブラウスのブランドは bassike(ベイシーク)
上質な素材と着心地にこだわるオーストラリアのブランドです。

女らしいトップスやアクセサリーをアイキャッチに!

花柄の透けるブラウスとデニムのコーデの写真

グッと女らしい花柄のブラウスを合わせてみました。

フランスのブランド、CACHAREL(キャシャレル)のものです。
もう15年くらい前に買ったんですけど、ヘビロテです。

アラサー娘

アラサー娘

記事書くたびにこれ使ってるもんな。

ネックレスも頑張って2つつけてみました。

花柄のブラウスとネックレスの写真

お次も花柄で、こちらはフランスのブランド AMBALI(アンバリ) のもの。

AMBALIのブラウスとデニムのコーデのサイドからの写真

ネックレスは白いブラウスの時にもつけていたもの。

hasunaのネックレスの写真

ついでにブレスレットも見せてます。

夫ポンポン

夫ポンポン

うらめしいんですかね?

このネックレスは、ダブルで短く、シングルで長く、と2通りに使えて、とても便利なんです。
エシカルジュエリーのブランド、HASUNA(ハスナ) のものです。

こんな風にエレガントで目を引くトップスや目立つアクセサリーで、腰回りからうまく目をそらすことができます。

50代のデニムコーデ・無理しなくてもおしゃれになれる!

今回のデニムのご紹介

私が今回着てみたデニムはこの4本です。

この記事で着た4本のデニムの写真

  • 左上:CANTON OVERALLS(キャントンオーバーオールズ)、ワイドパンツ、ハイライズ
  • 右上:無印良品、スキニー、ハイライズ
  • 左下:ドミンゴ、テーパード、ハイライズとローライズの中間
  • 右下:ユニクロ(メンズ)、レギュラーフィットジーンズ、ハイライズ

50代のデニムはゆとりが大事

ジーンズって、ついつい小さいサイズを選びがちですよね。
試着して、ギリギリ入るものを買ってしまう。

でも50代には「キツキツ感」は致命的。
サイズは程よくゆとりがあるものを選ぶ方が、シルエットもきれいです。

試着するときに気をつけたい点はこんなことです。

  • 後ろ姿も必ず点検
  • 楽にしゃがめるのが大事
  • 太ももがきれいに見えるものを

3種のデニムの後ろ姿の写真

ご存知のように、パンツには股上の長いハイライズ股上の短いローライズがあり、パンツの筒の部分の形状によって、スキニーパンツテーパードパンツワイドパンツ、などがあります。

もちろん、20代と変わらずナイスバディっていう方は、どんなタイプのデニムでも似合うと思います。

50代っぽい体型の方は、形としては、スキニーよりは太もも部分に余裕のあるテーパードが、シルエットがきれいだと思います。

また、ローライズよりはハイライズの方がはき心地が良く、気になるお腹の納まりも良いと思います。

でも一番重要なのは、トップスとのバランスです。
トップスの丈やボリューム、トップスをインするかどうか、などにも関わってくるので、いろいろなデニムをはいて、ご自分に合うものを選ぶのが一番だと思います。

50代もデニムで大人のおしゃれ・コーディネイトのコツ

50代がデニムを着こなすためのコーディネイトのポイントは、こんなことです。

  • 長めのトップスやストールで縦のラインを強調する
  • サイズ的にはゆとりのあるものを選ぶ
  • ボリュームのあるトップスでバランスを取る
  • 女らしいトップスやアクセサリーで視線をそらす

いやあ、今回も勉強になりました!!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク