チョコレートでたくさんの人を幸せに!NO児童労働|ゴニョ研

2018年1月23日へなちょこ情報

チョコレートが大好きだからこそチョコレートで幸せを!

プレゼントのチョコのイラスト

私はチョコレートが大好きです。皆さんは、どんな風にチョコレートを選んでいますか?

  • おいしさ?
  • パッケージなどのデザイン?
  • 価格?
  • 安全性?
  • ブランド名?

わかります。みんな気になりますよね。でも、私はこれも大事にしたいです。
そのチョコレートが誰も不幸にしていないこと。

「それ何? どういう意味?」って思いますよね?

信じられないような話ですが、チョコの原料となるカカオの農園では子どもが働かされています。でも、皆さんに知って頂きたいのは、作る人も買う人も食べる人も、みんな幸せになれるチョコレートがあるということです。そのようなチョコを選ぶ、その行為が、子どもたちに子どもらしい環境を取り戻すことにつながるのです。
なぜ児童労働が行われているのか、みんなを幸せにするチョコはどんなチョコなのか、それを今からお伝えしようと思います。といっても、こんな社会情勢や経済問題を含む難しい記事を書くのは初めての私。私の理解力と文章力では、きっとまたゆるっとなってしまいそう。お許しください。

カカオ農園の児童労働に反対する!谷川俊太郎作「そのこ」

なので、最初に、素晴らしい才能をお持ちの方々に力を借ります。カカオ農園での児童労働撲滅をめざし、日本で積極的に活動している”ACE” というNPO団体があります。この団体の活動をマンスリーサポーターとしても支えている日本を代表する詩人、谷川俊太郎さんが、運動に協力するために「そのこ」という詩を書かれて、出来上がった動画です。伝える現状の闇は深くとも、優れた芸術家が集まると、こんなに美しく感動的な作品が結実するのですね。

スポンサーリンク