大根の梅和え・ふわふわ食感がやみつき|ゴニョ研

2021年4月23日とにかく野菜たっぷり料理

こんにちは。

大根おろしをおろすと3回に1回は指まですりおろしてめちゃ痛い、野菜料理研究家ガッツかよめです。

アラサー娘

アラサー娘

大根おろしのたびに傷だらけだろっ!!

今回は、お弁当にも常備菜にもおいしい大根の梅和えを作ります。
大根をピーラーで薄くむいて作るので、私のようなぶきっちょさんにも、もれなく薄い大根の軽〜いふわふわ食感がもたらされます。

ササッとできて超便利です。

大根の梅和え・ピーラーで! ぶきっちょさんにもふわっふわ食感

材料(6人分程度)

  • 大根・・・・・・200g
  • 梅干し(大)・・・・・・2個
  • 塩・・・・・・小さじ1/3
  • 花かつお・・・・・・適宜
  • いりごま・・・・・・適宜

手順

1.大根をピーラーでむく

大根は10cm程度で、持ちやすい大きさに切ります。

切った大根の写真

アラサー娘

アラサー娘

むちゃズレてるよね。
夫ポンポン

夫ポンポン

本当に10cmなんですかね?

大根は、しっぽの方が辛く、葉に近い頭の部分が甘いので、頭の部分を使った方がおいしくできます。
大根の部位による使い分けについて、詳しくは、大根の部位による特徴と部位別の調理法をご参照ください。

これを手に持つか、まな板の上に横向きに置いて固定し、皮をむくようにピーラーで薄くむいていきます。

もちろん、包丁の方が得意という方は、薄いいちょう切りでも構いません。

2.大根を塩もみする

大根に小さじ1/3の塩をふってしばらくおき、水分が出てきたら、ひとつかみずつ、手でぎゅっと握ってしぼります。

塩もみした大根の写真

3.たたいた梅肉と大根をあえる

まな板の上で梅干し2個の種を取り除いて、梅肉を包丁で細かくたたき、2の大根とあえます。

大根の梅和えの写真

梅の塩分量によって味が変わるので、はじめは梅を少なめに入れて、味を見ながら調整してください。
お好みで花かつお(1g程度)やすりごまを入れてもおいしいです。

大根の梅和えの写真

大根の梅和えはお弁当にも最適

この大根の梅和えは、常備菜としても、お弁当のおかずとしても大活躍!

大根の梅和え入りのお弁当の写真

清潔な密閉容器で冷蔵保存すれば、3,4日保存可能です。

ふわふわ食感がやみつきになる梅和え、我が家では大人気で、
保存する間もなく、作るそばからすぐになくなってしまいます。

本当に簡単なので、ぜひお試しを〜〜。
簡単でおいしい大根のレシピを大根大量消費3日飽きずに6品ペロッ!洋風・ガッツリ・超簡単で、たくさんご紹介しています。

大根の料理の写真

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク