フェンネルと鯖缶のリゾット風・簡単おしゃれレシピ|ゴニョ研

とにかく野菜たっぷり料理

フェンネルと鯖缶のリゾット風の写真

こんにちは
野菜が大好きで、どんな野菜のどんな部分でも、とことん使い尽くしてみたい、野菜レシピブロガー・ガッツかよめです。

最近私がハマっているのが、フェンネルです。
フェンネルといえば、お魚の臭みを消してくれるハーブとして知られていますね。

フェンネルの写真

今回は、そんなフェンネルの本領発揮、太い茎を鯖缶と煮て、葉っぱを青みとして最後に添える、リゾット風の主食レシピです。
残りご飯の消費にもどうぞ〜。

フェンネルと鯖缶のリゾット風・サバ缶で簡単おしゃれレシピ

フェンネルと鯖缶のリゾット風の写真

材料(大人4人分程度)

  • 鯖水煮缶・・・・・・2缶
  • トマト水煮缶(できればホール)・・2缶
  • 冷やご飯・・・・・・240g
  • フェンネルの太い茎・・・・・・1株分
  • にんじん・・・・・・1/2本
  • 大根・・・・・・100g
  • たまねぎ・・・・・・1/4個
  • しいたけ・・・・・・2個
  • ニンニク・・・・・・1片
  • オリーブオイル・・・・・・大さじ2
  • 白ワイン(または酒)・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・小さじ1/2
  • フェンネルの葉・・・・・・少々

手順

(1)材料を切る

フェンネルの茎は、なるべく太い部分を選び、筋を取り、

フェンネルの茎の筋を取ったところの写真

2cm程度に切ります。
フェンネルの細い茎は苦味が強いし、筋を取るとなくなっちゃうくらい筋ばっかりなんです。だから太い部分を使ってください。
にんじんと大根は1cm角に切り、しいたけも傘は1cm角に、軸も細かく切り、玉ねぎは粗みじん切りにします。
フェンネルの葉はつまんでおきます。

野菜を切ったところの写真

ニンニクはみじん切りにします。

ニンニクのみじん切りの写真

(2)炒めて煮る

深めのフライパンか鍋に、フェンネルの葉以外の(1)を全て入れ、オリーブオイルを加えて弱火で炒め、

野菜を炒めているところの写真

油が回ったら塩小さじ1/2を入れて炒め続けます。
野菜からじんわり水分が出てきたら、鯖缶を汁ごと入れて少しほぐし、白ワイン(または酒)大さじ1とトマト缶も入れ、トマトを木べらでつぶします。

トマト缶を入れたところの写真

沸騰するまで強火、沸騰したらアクを取り、弱火でフタをして煮ます。
にんじんがやわらかくなったらご飯を入れ、

ご飯を入れたところの写真

さっと煮たら器に盛って、フェンネルの葉を添えます。

フェンネルと鯖缶のリゾット風の写真

フェンネルのおかげで鯖缶の臭みは全くなく、濃厚なトマト味で食べごたえのある主食になりました。フェンネルの香りも、それほど強くなく、ほのかに香る程度です。そしてフェンネルの茎は煮ると甘みが強くなり、とってもおいしいです。

リゾットは、本来、米を炒めて具材と煮るので、これはリゾットじゃなく、あくまでリゾット風。
でも、こんななんちゃって調理でも、十分おいしくいただけました。

冷蔵庫に残っているご飯が、おしゃれに変身しますよ。
お試しください。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク