ねぎたっぷりの絶品まぐろ丼・のせるだけ簡単レシピ|ゴニョ研

2022年1月22日とにかく野菜たっぷり料理

ねぎたっぷりのまぐろ丼の写真

こんにちは
1年中ねぎを食べまくっている野菜レシピブロガー・ガッツかよめです。

今回は、ねぎの青いところとマグロを合わせる丼のレシピです。
これが、本当によくあっておいしいんです。

海鮮丼って、お刺身中心で野菜が少なくなりがちですが、このねぎたっぷりの絶品まぐろ丼は、ねぎの青いところがこれでもかというくらい、たくさん入っています。
ねぎの青い部分は、れっきとした緑黄色野菜で栄養価も高いし免疫力アップの効果もある。

あっという間にできて、健康にもよいバランスランチです。
もちろん晩御飯にも。

超簡単!ねぎたっぷりの絶品まぐろ丼レシピ・ネギの青いところの消費にも

ねぎたっぷりのまぐろ丼の写真

材料(2人分)

  • ご飯・・・・・・・丼に軽く2杯分
  • まぐろ刺身・・・・・2人前
  • ねぎ(青いところ)・・・・・1~2本分
  • 卵黄・・・・・・・2個分
  • 刻みのり・・・・・2つかみ
  • いりごま(白)・・・・・・・適量
  • 濃口ごま油・・・・・・適量
  • しょうゆ・・・・・適量
  • わさび・・・・・・・適宜

手順

手順をご説明するほどのものでもないんです〜。
温かいご飯に、ねぎとしらすを敷きつめ、その上にまぐろを並べて、ごま油としょうゆで味つけして、刻みのりとごまをかける、それだけです。

1.ねぎを切る

ねぎは青いところ中心に、小口切りにします。
量はお好みで増減してください。
市販の刻みネギでもOKです。

2.ご飯をよそい、しらすとねぎを敷きつめる

丼にご飯を7分目くらいよそいます。
できれば丼は小さめの方が、すきまなく具が並ぶので豪華な見た目になりますよ。

次にねぎとしらすをご飯の上にまんべんなく敷きつめます。

ご飯にしらすとねぎをのせた写真

3.まぐろをのせ、卵黄を置く

ねぎとしらすを敷いたら、その上にまぐろの刺身を並べます。
まぐろは、筋の多い部分を小さく切ったものでも、中落ちでもおいしいです。
そして、真ん中に卵黄を置くために、菜箸でちょっとくぼみを作っておき、そこへ卵黄を置きます。

卵の白身と黄身を分ける方法は2つあります。

ひとつめは、スプーンを使う方法です。

ふたつめは、卵の殻を使う方法です。

4.味つけして、のりとごまをかける

最後に、濃口ごま油としょうゆを、各ひとまわしくらい、たらーっとかけて、刻みのりといりごまを散らします。
おしょうゆは食べるときに増量すればよいので、少なめをお勧めします。

このごま油は太白でなく、風味の強い濃口が合うと思います。
まぐろは濃厚な味なので、ガツンとしたごまの香りがよく合います。

刻みのりは、卵の黄身を避けてかけると、彩りが映えます。

ねぎたっぷりのまぐろ丼の写真

ねぎの青いところの消費にも、お手軽ランチにも、ぜひお試しくださいね〜。

残った卵の白身は、ぜひかきたま汁にしてください。

詳しい作り方は、白身だけのかきたま汁・フワッフワとろ〜り・簡単レシピで。

この丼のアレンジで作れる鯖缶丼と、かきたま汁ほうれん草のおひたしを、なんと30分で作るオンライン料理教室を、大好評開催中です!!
お申し込みは、リンクをクリックしてストアカページで。

毎日作りたくなるほっとする簡単おかず30分3品・朝食にもランチにも

スポンサーリンク