舞茸とイカと冬瓜の梅煮レシピ・イカがやわらか〜!|ゴニョ研

2017年11月2日とにかく野菜たっぷり料理

冬瓜の梅煮の写真

こんにちは
物腰がやわらかい人に憧れるガッツかよめです。
イカって煮ると固くなりがちでしょ?
舞茸にはタンパク質を分解する酵素が含まれていて、いっしょに煮るものを軟らかくしてくれるんです!
というわけで、舞茸と冬瓜とイカを薄口しょうゆと梅で煮てみました。
舞茸効果でイカもやわらか。
ダシもたっぷり出て、ほっとする味の煮物になりました。

舞茸とイカと冬瓜の梅煮・レシピ

今回、私はミニ冬瓜という小さい冬瓜と、白舞茸という真っ白な舞茸を使いました。
普通の冬瓜と茶色の舞茸でも作れます。

材料(大人3人分)

  • イカ・・・・・・1パイ
  • ミニ冬瓜(普通の冬瓜でも)・・・・・・8cmほど
  • 白舞茸(普通の舞茸でも)・・・・・・1パック
  • 人参・・・・・・6㎝くらい
  • 梅干し・・・・・・・・・1個
  • カイワレ菜(さやえんどうやオクラなどでも可)・・・・・・適宜
  • 薄口しょうゆ・・・・・・大さじ1
  • みりん・・・・・・大さじ1
  • だし昆布・・・・・・5㎝ほど

手順

1.だし昆布を水につけておく

鍋にだし昆布と、だし昆布がつかる程度の水を入れて10分程度おいておきます。

2.材料の下処理をする

冬瓜は種とワタを取り除き、皮をむき4㎝角程度に切り、人参は拍子木切りにし、白舞茸はほぐし、カイワレは根を切り、梅干しは適当にちぎります。
カイワレ以外の青みを使う場合は、さやえんどうなら筋をとり、オクラなら板ずりしてガクとヘタを削ります。
イカは、足をワタごと抜き取り、ワタは除き、胴から軟骨を取り、2cm幅に切り、足の部分から目・クチバシ・吸盤を取り除き、食べやすいように切ります。

3.だし昆布を入れた鍋で野菜から煮始める

1の鍋に、2の冬瓜、人参、舞茸、梅干を入れ、薄口しょうゆ・みりん、各大さじ1を加え、水を足してひたひたにし、強火にかけ沸騰したら弱火にします。

4.イカを入れて煮る

冬瓜が透きとおってきたらイカを入れ、イカに火が通ったらカイワレを入れて火を止め、器に盛ります。
さやえんどうやオクラでも、このタイミングで鍋に入れ、さっと煮ます。

はい、お疲れ様~。

舞茸とイカと冬瓜の梅煮中心の夕食メニューの御紹介

冬瓜の梅煮中心の夕食の写真

この日の晩御飯のメニューです。

まいたけとイカと冬瓜の煮物のほかに

  • ハマチの刺身(切っただけ)
  • 小松菜のしらす和え

も用意しました。

小松菜のしらす和えは、小松菜のしらす和え!プチレシピで、レシピもご紹介しています。

舞茸と梅と冬瓜とイカ、思ったとおりの上品な味。
本当にイカは軟らかかったです。
舞茸、せっかく真っ白だったけどイカの色が舞茸に移りました。
まあ、いーか、イカだけに。

恥ずかしがっている女子の写真

大変失礼いたしました。

舞茸とイカと冬瓜の梅煮、作ってみてくださいね。

冬瓜って本当においしいですよね。

冬瓜の下処理のしかたや、皮やワタの活用法、たくさんの冬瓜レシピを冬瓜丸わかり! 和洋中厳選レシピ7選・皮のむき方やワタの活用法もで、ご紹介しています。

冬瓜や冬瓜料理の写真

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク