ポトフであったまろ☆野菜たっぷり簡単レシピ|ゴニョ研

2017年11月3日とにかく野菜たっぷり料理

寒い日にピッタリなポトフ。こんなに?ってほど野菜を入れて、ほとんど切らずに詰め込んで大鍋いっぱいに作っちゃいました。放り込んで煮るだけ!

冷蔵庫の野菜勢揃い!あれこれ入れて煮るポトフ

ポトフの写真

ポトフって作るのも食べるのも好きなんです。簡単、手間なし、野菜たっぷり、繰り返しアレンジできる、といいとこ尽くしです。 あああ、写真がしょぼい。玉ねぎ煮くずれてますね。ちょっと失敗。

こんなに野菜をいれてもいいのか??

材料の写真

いいんです。明らかに処分したいのが見え見えの、白菜やキャベツの中心に近い芯の部分やブロッコリーの茎なども入れると、ホントに美味しい!

でもお肉も負けない!このガッツリな量!

肉の写真

さあ、いくぞ!!

材料 (25cmの鍋にいっぱい)

  • 豚肩ロース肉 450g:小さじ2杯程度の岩塩をすり込んで1時間以上おきペーパータオルなどで水分を拭き取る
  • にんじん 1本:葉の生え際の部分をおとし皮をむき鍋に入るように切る
  • 玉ねぎ 3個 根をとり皮をむいておく
  • ブラウンマッシュルーム 6個 (ブラウンでなくても可)石突を取り汚れを拭く
  • 大根 10㎝くらい
  • キャベツ 外側でなく中心に近い部分 4等分する
  • 白菜 外側でなく中心に近い部分 適当に切る
  • ブロッコリー 茎は皮をむく、花は房に分ける
  • パプリカ 縦に切って種とワタとヘタを取る
  • プチトマト(普通のトマトでも、なくても可)
  • 岩塩 小さじ2
  • 塩・コショウ適宜
  • 白ワインまたは日本酒 100cc
  • コンソメ 1個
  • ☆ローリエ 2枚 折って香りを出す
  • ☆粒胡椒(ホール) 10粒くらい
  • ☆タイム 適宜(今回は乾燥を使用。生の方がよい)

☆の香辛料はお茶パックなどに入れる

スパイスの写真

分量の記載がないものはお好みで。具材を入れた時の高さが、鍋の高さの7割程度までに収まるようにすると良いと思います。

①ブロッコリーの花とパプリカ以外の下処理した材料を香辛料のお茶パックとともに鍋に入れる

煮る前の鍋の写真

厚手で蓋がしっかりと閉まる煮物鍋に、ブロッコリーの花とパプリカ以外のすべての具材、お茶パックに入れた香辛料とコンソメも入れます。ブロッコリーは美しい色を残すため、パプリカは煮くずれないように、食べる直前に煮ます。

②ワインと水を入れる

ワインを入れ水を具材の頭が見えるくらいまで加えます。少ないかなというくらいで。

③弱火で煮て、煮えたら火を止め放置する

沸騰するまで強火、その後は弱火で、ちょっと泡が立つ程度の火加減で1時間程度煮ます。玉ねぎに串がすっととおれば大丈夫。ここで、火を止めそのまま蓋をして置いておいてください。味もしみこみ、さらに具材が軟らかくなり美味しくなります。

④温めてブロッコリーとパプリカを入れ、味を見て足りなければ塩・コショウする

食べる直前に温め、沸騰したらブロッコリーとパプリカを入れ弱火で数分煮ます。

⑤切り分けて器に盛る

大きな野菜や肉を切り分けて器に盛ります。

はい、お疲れ様~。

ポトフは粒マスタードが合います。お肉はほろっと口の中でほぐれちゃう軟らかさでした。これがまた、明日や明後日の方が美味しいんです。なんでね、私はお客さんの時なんかは前の日にポトフ作ります。週末作りおいて疲れ果てた週中に食べるのも幸せですよ。冷蔵庫で3,4日もちます。

今夜の夕食メニューの御紹介!レンコンチップスも!

ポトフ中心の夕食の写真

この日の晩御飯のメニューです。

ポトフのほかに

  • れんこんチップス
  • 冬瓜の皮のきんぴら

も用意しました。

れんこんチップスのレシピはこちらです。

れんこんチップス

そうそう、冬瓜の皮!

冬瓜の写真

これの皮です。きんぴらにしたら、けっこうオツでお酒が進んじゃいますよ。冬瓜の皮のきんぴらのレシピはこちらです。是非ご覧になってくださいね。

冬瓜の皮のきんぴら

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ぜひとも感想・ご意見・リクエストなどお寄せください。お料理上手になりたいガッツ、皆さんのアドバイスも待ってます。

スポンサーリンク