名古屋市名東区・オーガニックスーパーならゾンネガルテン|ゴニョ研

2018年10月31日へなちょこ情報

名東区のオーガニックスーパー・ゾンネガルテンにはついつい長居しちゃう

お店の外観の写真

こんにちは、オーガニックな野菜が大好きで、オーガニックなものを全力で応援するガッツかよめです。

ドジョウすくいをしているGIF

アラサー娘
アラサー娘
それのどこが応援なんだよ?

名古屋市名東区にあるゾンネ・ガルテンさんに行ってきました。

こちらは、野菜だけでなく、スーパーマーケット並み、いやそれ以上の品ぞろえで、オーガニック商品満載のお店です。

野菜、豆腐、乳製品、調味料や粉類はもちろん、肉・水産加工品・本・下着・洗剤・トイレットペーパーなどなど、
「こんなものもある、ああ、あんなものも」
と目移りして、ついつい長居しました。

写真満載でじっくりご紹介していきます。

名東区のゾンネガルテンならオーガニックなものが何でもそろう!

名古屋市名東区、一社の駅から徒歩3分。

お店の看板の写真

ゾンネガルテン、かわいい看板につられて中に入ると、思ったより中は広々。

通路も広めだけれど、陳列棚には驚くほどたくさんの種類の品物がずらりと並んでいました。

ゾンネガルテンなら肉や魚もオーガニックな商品がてんこ盛り!

水産加工品の案内の看板の写真

奥のショーケースには様々な種類の水産加工品がありました。

たこ焼パーティー用のたこと大あさりのむき身の写真

タコ焼きパーティ用のカットたこ
そそられるでしょ?
タコ焼きじゃなくたって、サラダのトッピングとか、ほうれん草とか小松菜とさっと炒めたらムッチャ美味しいし、炊き込みご飯に入れても!
もうよだれが…。

これ、あったらきっと便利ですよ!
ぜったい買おうと思ったのに、写真撮りまくってたら買い忘れました。

アラサー娘
アラサー娘
あるあるだな。

こちらは赤車エビのむき身と鯛の干物。

赤車エビのむき身と鯛の干物の写真

冷凍なのにおいしそうです。

つくば茜鶏の看板の写真

こちらで扱っている鶏肉の鶏たちの飼育法などが詳細に記してありました。

鶏のミンチ、レバー、ささみの写真

鶏肉もいろいろな種類があります。

ゾンネガルテンの長瀬さんは、仕入れ先は、ほとんど現地へ出向いて生産現場を見てから決めるとおっしゃっていました。
けれども、長年おつきあいのある生産者でも、後継者が見つからず、やむなく廃業してしまう人もいて、新たな仕入れ先の開拓に苦労する場合もあるのだとか。

すぐそばにあるオーガニックレストラン、ラ・コミュニタさんと助け合って、仕入れ先を共有したりしながら運営しているとのことでした。

長瀬さん、とっても優しくて誠実そのものでハンサムな30代くらいの男性でした。
独身なのか、決まった方がいらっしゃるのか、とても気になりました。

アラサー娘は独身だが母は気にしていない
アラサー娘は独身だが母は気にしていない
余計なお世話だ!

ハムやソーセージなどもいっぱい。
化学調味料や発色剤を一切使わないゴーバルさんの製品。

ゴーバルのハムやソーセージの写真

野菜もとっても新鮮でおいしそう!

かぼちゃなどの野菜の写真

野菜も新鮮でとってもおいしそうです。
オーガニックな野菜の入手方法は、お店で買うほかにファーマーズマーケットや宅配などもあります。
ここゾンネガルテンさんも野菜の宅配もやっておられるようです。
また名古屋にもファーマーズマーケットがあって、生産している農家の方から直接野菜を買うことができます。
詳しくは名古屋栄・オアシス21の朝市で激うまオーガニック野菜ゲット!でご紹介しています。

オーガニックな野菜の入手方法はいろいろありますが、それぞれの方法のメリットデメリットをえっ?!知らない?おいしいオーガニックな野菜を安く買う方法にまとめております。
よろしかったらぜひそちらも!

野菜の産地を示す看板の写真

お店の入口にある看板では、野菜の産地が詳しく示されています。
近郊の農家が多いです。
近場でとれた野菜を食べることは、いろいろと良いことが多いですよね。
野菜の新鮮さを保てるし、輸送コスト軽減、ひいては輸送のためのエネルギー削減やCO2排出の抑制にも役立っています。

れんこん・ゴボウ・里芋の写真

根菜類もたくさんあります。

人参・ゴボウの写真

野菜の入荷の直前とのことで、ちょっと少なめのようです。

じゃがいも・玉ねぎの野菜の写真

平飼(ケージに閉じ込めず地面に放し飼いにして飼うこと)の鶏が産んだ卵もあります。

卵の写真

調味料や油も、ものすごく種類が豊富!

とにかく商品の種類が多くて、それがみんなこだわりの逸品だと思うとうれしくなっちゃいます。
調味料は、ズボラな私の料理を助けてくれる一番の相棒で、料理の要なので、少々値段がはってもいいものが欲しいんですよね。
調味料をグレードアップするだけで、ほんと、料理の味は格段に良くなるんです。
そのへんのところは、料理下手・苦手を克服!「おいしい」と言われるためのコツ7選にくわしく書いております。

しょうゆの写真

国産の有機栽培大豆でていねいに作られたみそもあります。

みその写真

ポン酢も種類がいっぱいで迷っちゃいます。

ポン酢の写真

マヨネーズ、ケチャップなどは、私は、普段宅配してもらっています。
カタログだけで見ているし選択肢も少ないんです。
だから実際にたくさんの品物を自分で見比べられるのがうれしい!

マヨネーズ、ケチャップ、ソースなどの写真

バルサミコ酢・オリーブオイル・ワインビネガーなど、うちの近所のスーパーだと、オーガニックなものなんてひとつも置いてないのに、ゾンネガルテンにはたくさん!

バルサミコ酢・オリーブオイル・ワインビネガーの写真

いろいろな原料からできた油。

いろいろな油の写真

目に留まった「ほうろく屋」さんのホームページを見てみました。
すると、ほうろく菜種油のPR文の一節にこんなのがありました。

数回揚げ物をしたら、黒く酸化した油は捨てる…。そんな今どきの常識を超えるのが「ほうろく菜種油」です。搾った油に薪で火を通す「火入れ」により余分な水分を飛ばし、香ばしさとコシの強さを引き出します。この仕上げにより、味の濃いから揚げの後でも黄金色を保ち、揚げ物や炒め物などに繰り返し使用できます。混ざりけなしの純度100%なので、胸やけしにくいのもメリット。味に正直な子どもたちが、天ぷらをパクパク食べてくれるんです!

ほうろく屋ホームページ、「ほうろく菜種油」3つの魅力、「酸化に強いから捨てない」

ほうろく菜種油の値段は安いサラダオイルの10倍以上!
でも、からだに良くて本当においしいなら、こういう所にお金をかけても良いと私は思います。

まあ、それができるというのは幸せなんですが。

夫ぽんぽん
夫ぽんぽん
もっと感謝してほしい。

香辛料もありました。

香辛料の写真

香辛料はオーガニックなものを探すのが意外に大変なんですよね。
でも、オーガニックな香辛料は、安く大量生産されたものとは比べ物にならないくらい、香りが良く味わい深いんです。

豆や粉もいっぱい!ベジタリアンやアレルギー対応食品も!

大豆と小豆が量り売りで売られています。

大豆と小豆が大きなマスに入っている写真

驚くほどさまざまな豆があります。

さまざまな豆の写真

ベジタリアン向けに肉の代替食品となる大豆ミートやテンペもあります。

テンペなどさまざまな豆の写真

以前に行った、東京のオーガニックスーパー「こだわり屋」さんにもテンペがありました。
よろしかったら、墨田区でオーガニック満喫!おしゃれカフェと自然食スーパーもご覧くださいね。

小麦粉、米粉などの粉類も種類が豊富。こんな粉もありました。

そば粉、米粉、玄米粉の写真

小麦アレルギーの方向けに、こんなのもありました。

お菓子を作る米粉の写真

米粉のホットケーキミックスの写真

私、お友達に小麦アレルギーのオンラインサロンをやっている青空なこさんという方がいるんです。
私は小麦アレルギーについて全く知らなかったのですが、小麦アレルギーであるなこさんを通して、食物アレルギーの方の生活の大変さが少しだけわかるようになりました。
小麦粉って、しょうゆを始め、本当にいろんなものに入っているから、市販のものを食べる時は注意しないといけない。
でも、小麦粉の代わりになる米粉などを売っているお店も少ない。
米粉で手軽にお菓子ができる、こんな粉、便利ですよね。
ただ、この粉、同じ生産ラインで小麦粉も作っているようなので、アレルギーの方は、微量の混入注意です。

せっけんや雑貨、本や下着もある!

いろいろな種類の洗剤もあります。

いろいろな種類の洗剤の写真

トイレットペーパーや歯磨きも。

トイレットペーパーの写真

歯磨きの写真

普通の本屋さんでは見かけないような本がたくさん。

本の写真

お料理の本や添加物やせっけんに関する本、農業の本などもあります。

本の写真

ゾンネガルテンの前身は子どもむけの本屋さんだったので、本へのこだわりも並ではありませんね。

シルクやオーガニックコットンの下着や靴下もありました。
湯たんぽがかわいい。

シルクやオーガニックコットンの下着や靴下の写真

ストッキングや布ナプキンもある!

ショーツやストッキングの写真

布ナプキンの写真

肉や魚もオーガニックが安心なのはなぜ?

野菜なら、オーガニックは農薬や化学肥料を極力使わないこと。
けれど、肉や魚のオーガニックって何?って思いませんか?

ものすごく簡単にざっくりいうと、こういうことだと思うんです。
たとえば鶏の場合、生産者が収益のみを重視したら、こんなことが起こります。

  • 狭い所でたくさん育てる。
  • えさは安価な遺伝子組み換え飼料などを使う。
  • 早く大きくして飼育期間を短くする。

鶏のイラスト

けれども、もちろん、こうした飼育方法には多くの弊害があります。
たとえばこんなことです。

  • 狭い鶏舎での飼育は鶏のストレスが高く病気になりやすい。
  • 遺伝子組み換えの飼料は安全性が実証されておらず、動物や人間にどんな影響があるかわからない。
  • 早く大きくなるように品種改良された鶏は病気になりやすく食味が悪い。

また、このように病気になりやすい環境で飼育される鶏は、発病前から飼料に混ぜて抗菌剤などの薬剤を投与されることが多いようです。

夫ぽんぽん
夫ぽんぽん
あなたがブチ切れなければ私の環境は快適!
妻ガッツ
妻ガッツ
ごはんに抗菌剤まぜるぞ!

家畜など食用動物への抗菌剤投与が人間にもたらす影響については、専門家から下記のような報告がなされています。

動物の各種感染症の治療に使用されている動物用抗菌剤は,人の場合と同様に,各種細菌に薬剤耐性菌の選択・増加を引き起こす要因であることが知られている.特に,抗菌剤耐性は,臨床現場で使用される抗菌剤の有効性に影響を及ぼし,治療効果を低下させる原因の一つとなっている.

高橋 敏雄ら,「家畜衛生分野における耐性菌の現状と今後の対応」,感染症学雑誌,第80巻3号,pp185-194,2006

このように出現した「薬剤耐性菌や耐性遺伝子が食物連鎖を介して人へ伝播し,人の細菌感染症の治療を困難にする危険性」があるのです(「」は上記文献より引用)。
もちろん、動物への抗菌剤の乱用がないように法規制は行われていますが、そもそも抗菌剤投与を必要とするような生育環境に問題があるのではないでしょうか?

このような状況は鶏に限らず、牛、豚、養殖魚でも、程度の差はあれ、あるようです。

酪農家のイラスト

人間も動物も安心でストレスが少ないように、動物の生育環境を改善生育期間を適正にし、薬剤の使用を極力少なくすることが必要だと、私は思います。

オーガニックな飼育法を選択した生産者さんの多くは、このようなことに努めていらっしゃいます。

だから、私はオーガニックを選択したいのです。

でも、現在の流通経路は複雑ですし、私たちは食卓にのぼる食材が、どのように育ってきたか、知るすべがありません。
なので、このゾンネガルテンさんのように、生産者と直接会って、生産現場も見てくれる人がいるのは、とっても素晴らしいことだと思います。

素敵なつながりから良い買い物ができる店・ゾンネガルテン

そうそう、お店の一角で「糸と対話 織展」という織物の展示が行われていました。

「糸と対話 織展」の写真

鮮やかな色の糸で織られたマフラー、ポーチ、靴下、ブローチなどがありました。
冬になったらお気に入りのコートにつけようと、ブローチを買いました。

ブローチの写真

どんな作家の作品かしらと調べたら、名古屋の「ひょうたんカフェ」という特定非営利法人で、障がいのある方が織っていらっしゃるものとわかり、本当にびっくりしました。

食品や日用品以外でも良い買い物ができるゾンネガルテンさんは素敵です。

名東区のオーガニックスーパー・ゾンネガルテン基本情報

Sonne Garten(ゾンネガルテン)
名古屋市名東区一社2-162
TEL:052-703-4469

交通手段
地下鉄東山線の一社駅2番出口より南へ徒歩3分。
一社南の交差点を左折すると見えます。

営業時間
10:00 – 19:00

定休日
木曜日

駐車場
4台

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク