丸ズッキーニのレシピなら!サラダ・ピザ・肉詰め!和風洋風勢ぞろい|ゴニョ研

ファーマーズマーケット朝市レシピ

丸いズッキーニと丸いズッキーニで作った料理の写真

夏になると取りつかれたように大量のズッキーニを食べる、ガッツかよめです。

ズッキーニっていうと、きゅうりのような形が一般的だと思うんですが、実は丸いものもあるんですよね。

丸いズッキーニの写真

丸ズッキーニのこんなにキュートな色や形、ぜひ生かして料理したい!

レシピを考えてみました。

丸ズッキーニの肉詰め焼き

丸ズッキーニの肉詰め焼きの写真

材料(4人分)

  • 丸ズッキーニ(直径9cm)・・・・1個
  • 鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・300g
  • シイタケ・・・・・・・・・・・・2枚
  • 塩麹・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • 白みそ・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 米粉(または片栗粉)・・・・・・大さじ2

手順

1.シイタケ、丸ズッキーニを切り、ズッキーニの中をくり抜く

丸ズッキーニを、高さを二等分にするように半分に切り、切ったものの底部が両方平らになるよう、少し切ります。

丸ズッキーニをくり抜いたところの写真

丸ズッキーニをスプーンでくり抜き、くり抜いた部分とシイタケをみじん切りにします。

2.丸ズッキーニの皮の部分を蒸す

皮の部分が2つとも入る鍋かフライパンに、1cm程度の湯を張って、皮の部分を入れます。

くり抜いた丸ズッキーニをフライパンに入れ湯を張った写真

フタをして中火で2,3分蒸します。

フライパンにフタをした写真

アラサー娘

アラサー娘

鍋のフタにあんたの携帯が写ってるよね!!
なんか宇宙っぽいし…。
ガッツかよめ

ガッツかよめ

宇宙に飛んでいくんだよっ!

3.タネを作って丸ズッキーニに詰める

ここで、オーブンを200℃に予熱しておきます。

ボールに、1でくり抜いてみじん切りにしたズッキーニ、シイタケ、鶏ひき肉、塩麹、味噌、米粉(または片栗粉)を入れて粘りが出るまでこねて、2に詰めます。

タネが余ったら、和風ハンバーグにしたり、スープに入れたりしてくださいね。

4.耐熱皿にのせオーブンで焼く

3を耐熱皿にのせて天板に置き、アルミホイルをかぶせ、予熱したオーブンで15分程度焼きます。
串で刺して透明な肉汁が出たら、アルミホイルを外して5分程度焼いて、焦げ目がついたら出来上がりです。
串で刺してにごった肉汁が出たら、アルミホイルを被せてもう1度焼き、2,3分ごとに様子をみてください。

包丁で切り分け、からしじょうゆで食べるのがオススメです。

タネはだいたい余ると思うんですが、余ったタネはいろいろ活用できます。
私は小さめのハンバーグを4つ作って、お弁当に入れました。

肉の量を減らすと、ズッキーニのくり抜いた部分が多すぎて、タネが水っぽくなってしまいます。
肉は量を減らさず、タネをたくさん作ってくださいね〜〜〜。

丸ズッキーニの肉詰め焼き中心の夕食の献立

丸ズッキーニの肉詰め焼き中心の夕食の写真

この日は、丸ズッキーニの肉詰め焼きの他に、

いんげんと厚揚げの煮物

・玉ねぎとえのき茸のおみそ汁

も用意しました。

丸ズッキーニの肉詰め蒸し

丸ズッキーニの肉詰め蒸しの写真

この料理は、丸ズッキーニの肉詰め焼きを作った後、タネを詰めて蒸せたら手間が省けていいなと思って、やってみたんですよ。

そしたら、おいしかった〜〜!

蒸した方が、あっさりしています。
でも豚肉で作ったので、ちょっとこってりがプラスされ、ちょうど良い具合でした。

丸ごと蒸すのは、何より調理が簡単!
そして、もちろん焼いた方が香ばしくて風味が良いです。

ここでは、丸ズッキーニの肉詰め焼きの時より、小さめの丸ズッキーニを使っています。

材料(2人分)

  • 丸ズッキーニ(直径7〜8cm)・・・2個
  • 豚ひき肉・・・・・・・・・・・・200g
  • シイタケ・・・・・・・・・・・・1枚
  • しょうが(みじん切り)・・・・・小さじ1
  • 塩麹・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • 米粉(片栗粉でも可)・・・・・・大さじ1
  • インゲン・・・・・・・・・・・・6本
  • かぼちゃ・・・・・・・・・・・・少々

手順

1.丸ズッキーニの中をくり抜き、野菜を切る

丸ズッキーニは上から2,3cmのところで切り、中身をスプーンでくり抜きます。
くりぬいたものとシイタケをみじん切りにします。
付け合わせのかぼちゃは3ミリ程度の厚さに切り、インゲンはヘタと筋とを取ります。

2.詰め物の材料を合わせてこねる

ボールに、ズッキーニをくり抜いてみじん切りにしたもの、シイタケ、ひき肉、しょうが、米粉(片栗粉)、塩麹を入れ、よくこねます。

3.ズッキーニに2を詰めて蒸す

中をくり抜いたズッキーニに2を、なるべくきつく、こんもりと詰めます。

ここでもタネが余ると思いますが、活用してください。

湯気の上がった蒸し器で15分程度蒸し、火を止めて、5分程度蒸らします。
串で刺してみて、透明な汁が出れば、中まで火が通っています。

4.付け合わせを蒸す

ズッキーニを取り出したら、付け合わせのかぼちゃとインゲンを1分程度蒸します。

これで完成です!

今回、余ったタネは、肉団子にしてトウモロコシのスープに入れました。

丸ズッキーニの肉詰め蒸しで余ったタネを入れたトウモロコシのスープの写真

丸ズッキーニの肉詰め蒸し中心の昼食の献立

丸ズッキーニの肉詰め蒸し中心の昼食の写真

丸ズッキーニの肉詰め蒸しは、土曜日のランチに作りました。

この日のお供は冷やしうどん。

我ながら、なかなか良い組み合わせでした。

丸ズッキーニのカルパッチョ風サラダ

丸ズッキーニのカルパッチョ風サラダの写真

この料理は、私がいつも細長いズッキーニでやってる、生で食べるサラダを丸ズッキーニでやってたものです。

丸ズッキーニではなく、きゅうり型のズッキーニでも、もちろんできます。

きゅうり型のズッキーニを生で食べるサラダは、ズッキーニを生でサラダに・切るだけ!おしゃれでうまい!にたくさんご紹介していますので、ぜひそちらへも。

丸ズッキーニはきゅうり型に比べて若干タネが大きく数も多いのですが、私はあまり気になりませんでした。

種が硬いようなら取り除いてください。

材料(2人分)

  • 丸ズッキーニ(直径7〜8cm)・・・・・・・1個
  • えび・・・・・・・・・・・・・・・・・・4尾
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4個
  • ミニトマト・・・・・・・・・・・・・・・3個程度
  • スイスチャード(大葉やバジルでも)・・・葉1枚
  • モッツァレラチーズ・・・・・・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
  • 粗挽き黒コショウ・・・・・・・・・・・・少々
  • オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・適量
  • レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・適量

スイスチャードはとってもキレイな西洋野菜。

スイスチャードの写真

味はほうれん草をもっと淡白にして苦味をちょっと足したような感じ。
スイスチャードでなくても、バジルや大葉でもおいしいです。

手順

1.えびの下処理をする

エビは背ワタと腹ワタを取り、酒と片栗粉をまぶして熱湯でゆでます。

2.野菜を切って盛る

ズッキーニは薄切りにして、生のまま、敷き詰めるようにお皿に並べて塩をふります。
丸ズッキーニなら、縦半分に切ってから薄切りにすると、切りやすく安全です。
厚めに切った時は、塩をふってしばらく置き、軽くしぼってからお皿に並べると良いでしょう。

玉ねぎとミニトマトは薄切り、スイスチャード(大葉やバジルでも可)は葉をちぎり、いずれも皿の上に散らします。

3.えびやチーズも盛って味付けをする

3.2の上に、適当に切ったチーズ、1のエビものせ、
オリーブオイルとレモン汁をかけて、コショウをふります。

丸ズッキーニのカルパッチョ風サラダの写真

あっという間に出来上がりです!

本当に爽やかな味なんですよ!
ワインにもビールにもぴったりなおもてなしオードブルです。

丸ズッキーニのミニピザ風

丸ズッキーニのミニピザ風の写真

丸ズッキーニのカルパッチョ風サラダと、ほぼ同じような材料を7,8mmの輪切りにしたズッキーニにのせ、オーブンで焼けば、ミニピザ風のオードブルが出来上がります。

丸ズッキーニを切ったところの写真

こんな風に切って、天板に並べたら、お好きな具材を置いていきます。

ちょっと大きめの丸ズッキーニの方が、具材をのせやすいですが、きゅうり型のズッキーニでも具材を少なめにすれば作れます。

丸ズッキーニの上に具材を置いた写真

今回の具材は、モッツァレラアレラチーズ、溶けるチーズ(ミックス)、バジル、アンチョビ、ツナ、えび、玉ねぎ、ミニトマトを適当に組み合わせました。

200℃に予熱したオーブンで20分〜30分焼き色がつくまで焼きます。

丸ズッキーニの上に具材を置いた写真

でっきあっがり〜〜〜〜!!!

丸ズッキーニの調理は思ったより簡単!

今回、丸ズッキーニを使った、生、蒸し物、オーブン焼きのレシピをご紹介しました。

丸ズッキーニの味はきゅうり型と同じですが、若干水分量が多い感じがしました。
蒸したり焼いたりすると、かなり水分が出ます。
なので、オーブンで焼くときは天板に直置きでなく、耐熱皿にのせることをおすすめします。

肉詰めは手間がかかるように見えますが、ハンバーグとそれほど変わりません。
ズッキーニをくり抜くのは、意外に簡単!
中身が柔らかいからなんでしょうね。
力もいりませんし、普通のカレースプーンで短時間で完了します。

ひき肉のタネがたくさんできてしまいますが、余ったタネを使う料理も同時に作れるのでお得です。

丸ズッキーニ肉詰めと余ったタネで作った料理の写真

サラダやミニピザは、材料さえそろえれば、あとはのせるだけ。
お子さんと一緒に作るのも楽しそう。

もちろん、おもてなしにも、盛り上がること間違いなしですよ。

ぜひ、作ってみてくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク