キャベツのステーキ・ざっくり切って焼くだけ!簡単極うまレシピ|ゴニョ研

2020年5月31日とにかく野菜たっぷり料理

キャベツステーキの写真

こんにちは。
キャベツがきれると禁断症状が出るガッツかよめです。

夫ポンポン

夫ポンポン

キャベツの売人から買わなきゃね。
アラサー娘

アラサー娘

八百屋だよね…。

キャベツは1個で買った方がお買い得だし、日持ちもしますよね。
でも、大きいキャベツ1個を使い切るのは難しいかも…。

そんなあなたにオススメしたいのが、このキャベツステーキ

ざっくり切って焼くだけ!
面倒な作業は何一つなく、適当に作っても驚きのうまさです。

で、あんまりおいしいんで、3種類の作り方を試してみちゃいました。

キャベツステーキをフライパンだけで作るレシピ・キャベツ1玉家族でいける!

フライパンで作るキャベツステーキの写真

アラサー娘

アラサー娘

左側の緑のやつ、向きが逆じゃね?
ガッツかよめ

ガッツかよめ

イタリアンパセリ!

はじめにご紹介するのは、フライパンだけで作るレシピです。
5月頃に出回るグリーンボールというキャベツで作りました。
大きいフライパンがあれば、4人分くらいは一度にドーンと焼けます。
ちなみに今回は直径28cmのフライパンで作りました。

材料(3人分程度)

  • キャベツ・・・・・・・・・・1/2個程度
  • ベーコン薄切り・・・・・・・6枚
  • なたね油・・・・・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・・・・・・・・少々
  • ⚪︎バター・・・・・・・・・・10g(大さじ1弱)
  • ⚪︎しょうゆ・・・・・・・・・適量
  • イタリアンパセリ(あれば)・少々

手順

1.キャベツを切る

キャベツは芯をつけたまま半分に切り、それを3等分します。
全く使ってない丸のままの大きいキャベツをざっくり切っても大丈夫。
一人1/6個は楽勝で食べられます。

2.焼く

フライパンになたね油を適量しき、1のキャベツを断面を下にして並べ、

切ったキャベツをフライパンに並べたところの写真

アラサー娘

アラサー娘

キャベツの向きも逆じゃね?

塩少々をふり、フタをして弱目の中火で焼きます。

フライパンでキャベツを焼いている写真

焼き目がついたらキャベツを返し、ベーコンも並べ、再びフタをして焼きます。

フライパンでキャベツとベーコンを焼いている写真

3.しょうゆとバターで味付けする

キャベツが軟らかくなり、両面に焼き目がついたらフタを取ります。
ベーコンがカリッと焼けていたら取り出し、しんなりしていたら少し火を強めてさらに焼きます。

フライパンの空いている部分にバターとしょうゆを入れて、キャベツにからめます。
キャベツにしょうゆとバターがからまって、ベーコンがカリッと焼けたら皿に盛り、あればイタリアンパセリを飾ります。

フライパンで作るキャベツステーキの写真

「きょうの料理」のケンタロウさんのレシピ、キャベツステーキベーコン添えを参考にしました。

キャベツステーキをフライパンと魚焼きグリルで作るレシピ

フライパンと魚焼きグリルで作るキャベツステーキの写真

今度はまずフライパンで焼いてから、溶けるチーズをのせて魚焼きグリルで焼きました。

これは、春キャベツでなく普通のキャベツで、しかも使いかけの、こんなキャベツで作りました。

芯に近い部分だけになったキャベツの写真

ずいぶん使って芯に近い部分が残っています。
芯に近い葉っぱは甘いけれど、ちょっと固かったり、はがしにくかったりして使いにくいですよね。
私は煮物に使うことが多いんですが、焼いてもおいしいんです!

材料(1人分程度)

  • キャベツ・・・・・・・・1/4個程度
  • バター・・・・・・・・・10g
  • 塩・・・・・・・・・・・少々
  • 粗挽き黒コショウ・・・・適量
  • 溶けるチーズ・・・・・・適量

手順

1.キャベツを切ってフライパンで焼く

キャベツは芯をつけたまま縦割りに切り、バターをしいたフライパンに並べ、

フライパンに切ったキャベツを並べた写真

塩少々をふり、フタをして弱火〜中火で焼きます。

焦げ目がついたキャベツの写真

片面の焼き目がついたら返し、またフタをして両面焼き目がついてしんなりするまで焼きます。
かなり焦げたかなというくらいが、おいしいです。

かなり焦げたキャベツの写真

2.耐熱皿に移してチーズをかけてグリルで焼く

1のキャベツを耐熱皿に移して溶けるチーズをかけ、魚焼きグリルかオーブントースターで、チーズが溶けて少し焦げるまで焼いたら、取り出してお好みで黒コショウをふります。

フライパンと魚焼きグリルで作るキャベツステーキの写真

キャベツステーキを魚焼きグリルだけで作るレシピ・本当に焼くだけ

今度は魚焼きグリルだけで作ってみました。
これも普通のキャベツで作りました。
軟かくなるのに時間がかかりそうだったので、少し小さめに切ってみました。

魚焼きグリルだけで作るキャベツステーキの写真

材料(1~2人分程度)

  • キャベツ・・・・・・・・1/2個程度
  • エリンギ・・・・・・・・1/2本
  • オリーブオイル・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・・・・・・少々
  • ⚪︎マヨネーズ・・・・・・大さじ1
  • ⚪︎しょうゆ・・・・・・・適量

手順

1.キャベツとエリンギを切る

キャベツは芯をつけたまま1/8程度に切り、エリンギは2mm程度の厚さの短冊切りにします。

2.焼く

1を耐熱皿に並べてオリーブオイルを回しかけ塩をふって、

キャベツとエリンギを切って耐熱皿に並べた写真

夫ポンポン

夫ポンポン

並べ方が雑すぎて気になりますね。

アルミホイルをなるべくぴったりとかぶせ、オーブントースターか魚焼きグリルで20~30分焼きます。
途中で取り出して上下を返し、再びアルミホイルをかぶせて焼きます。

キャベツがしんなりして焦げ目がついたら取り出し、⚪︎(マヨネーズとしょうゆ)を混ぜたソースをかけて食べます。

魚焼きグリルだけで作るキャベツステーキにソースをかけたところの写真

好みで七味や一味をふると、大人の味になってオツです。

キャベツステーキをおいしく作るには

キャベツステーキの調理法はどれがいい?

今回試した3種類の調理法は

  • フライパンのみ
  • フライパンで焼いてから魚焼きグリル
  • 魚焼きグリルのみ

を試してみましたが、一番簡単で失敗がないのはフライパンだけの調理法でした。

3種のキャベツステーキの写真

ただ、溶けるチーズをのせてこんがり焼き色をつけるなら、魚焼きグリルかオーブントースターがいりますね。
魚焼きグリルやオーブントースターだけで作ろうと思うと、時間がかかるし火加減の調整もちょっとむずかしい。
ちょうど良い軟らかさにし、しかもうまい焼き目をつけるのには、アルミホイルをぴっちり被せたり、火加減を調整したりがちょっと面倒です。

バター醤油? しょうゆマヨ? キャベツステーキの味つけは?

今回、私が試した味のバリエーションは、

  • バター醤油
  • 塩コショウ+溶けるチーズ
  • しょうゆマヨネーズ+一味

私が一番おいしいと思ったのは、バター醤油です。

フライパンで作るキャベツステーキの写真

アラサー娘

アラサー娘

何回見ても緑のやつの向きが気になる!
ガッツかよめ

ガッツかよめ

それはイタリアンパセリ!

フライパンだけで焼いたものです。
ビールにぴったりですよ。

それから、魚焼きグリルだけで焼いた時に使った、しょうゆマヨと一味も、焼いたキャベツにつけるとお好み焼きみたいな味で、ご飯によく合いました。

しょうゆマヨソースとキャベツステーキの写真

他にも、オリーブオイルと塩、レモン、粒マスタードなども合いそうですね。

キャベツステーキといっしょに焼くものは?

キャベツだけでも、もちろんおいしいですが、肉やきのこや他の野菜をいっしょに焼くのもおいしいですね。

ベーコンは、キャベツがベーコンのうまみを吸っておいしくなるので最高です。

キャベツステーキに添えたのベーコンの写真

他にソーセージや牛肉も、とってもおいしいです。
我が家は焼肉のときはキャベツステーキをホットプレートで焼きます。

今回、グリルでいっしょに焼いたエリンギも、エリンギから出た水分がキャベツをしんなりさせていい感じでした。
他のきのこや、玉ねぎ、人参、大根などの野菜でも、とってもおいしいので、ぜひ試してみてください。

調理のコツは?

調理のポイントは、なんといっても焼き加減です。
キャベツステーキは、全体的にしんなりして硬いところはなく、ちょっと焦げすぎくらいの焼き目がついているのが、甘みが引き出されて最高においしいんです。

そのために、ちょっと弱目の中火で、フタをしてじっくり焼くのがコツです。

とはいえ、やっぱり、この料理、本当に簡単で便利。

キャベツステーキは、主菜にも魚料理や肉料理の付け合わせにも、おもてなしにも、工夫次第でいろいろ活用できます。

本当においしくて家族にも大好評!

このレシピを考えてくださった方に心から感謝します。

春キャベツがおいしい季節は人参がおいしい季節でもあります!

こんなレシピもぜひ〜!!

たくさんの人参料理の写真
人参大量消費! おいしくたくさん食べるレシピ20選とアイデア5つ

こんな風に、野菜たっぷりの献立を立てるのは、とっても簡単!

野菜たっぷりの献立の写真

詳しくは、野菜たっぷりの献立は実は簡単!すぐ実行できる立て方のコツとレシピへ。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク