ポトフなら和風! ゆず香る簡単ほっこりレシピ|ゴニョ研

とにかく野菜たっぷり料理

和風ポトフの写真

この間、朝、パンを出そうとしたらパンを入れるかごにもやしが入っていてびっくりしたガッツかよめです。

アラサー娘

アラサー娘

パンともやしってどうして間違えるんかな?
夫ポンポン

夫ポンポン

タンスにもやし入れなくて良かったですよ。

というわけで、今回は、まるっと和風のほっこりポトフのレシピをご紹介します。塩麹漬けにした鶏手羽元と、里芋や大根やネギをコトコト煮て、ゆずをジュワッとしぼって食べますよ〜。

ゆず香る和風ポトフ・骨付き肉のだしが絶品レシピ

材料(大人4人分くらい)

和風ポトフの写真

  • 鶏手羽元・・・・・4本
  • 大根・・・・・4cm程度
  • 人参・・・・・1本
  • 玉ねぎ(小)・・・・・4個
  • 白ネギの白い部分・・・・・1本分
  • シイタケ・・・・・4枚
  • 里芋・・・・・4個
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・1個
  • シイタケ・・・・・・・・3枚
  • ねぎの青い部分・・・・・少々
  • ゆず・・・・・1/2個
  • だし昆布・・・・・15㎝程度
  • だしパック・・・・・1個
  • 日本酒・・・・・100ml
  • みりん・・・・・大さじ2
  • 塩麹・・・・・大さじ3
  • 塩・・・・・適宜

手順

(1)鶏手羽元を塩麹に漬けておく

鶏手羽元は、塩麹大さじ1に漬けて、数時間〜3日ほど冷蔵しておきます。

(2)材料の下処理をする

大根は厚さ4cm程度のいちょう切り、人参は厚さ2cm程度の輪切り、玉ねぎは上下を切り落とし、白ネギの白い部分は4cm程度のぶつ切り、シイタケは石突きをとってかさと軸に分け、軸は縦2等分に切ります。里芋は皮をむいて水にさらし、何度か水を替えてぬめりを取ります。

(3)ネギ以外の野菜を煮始める

厚手の鍋の底にだし昆布を敷き、(1)の手羽元と、白ネギ以外の(2)、日本酒100ml、だしパックを入れ、かぶる程度の水を加えて沸騰するまで強火にかけ、沸騰したらアクを取り、落とし蓋をして、なるべく弱火で大根がやわらかくなるまで、30分程度煮ます。

(4)だしパックを取り出して味付けする

大根に竹串がスッと刺さるようになったら、だしパックを取り出し、みりん大さじ2と塩麹大さじ2を加え、白ネギの白い部分も加えて弱火で15分程度煮ます。

(5)器に盛ってゆずの皮を散らす

玉ねぎにも竹串がスッと刺さるようになったら、器に盛り、千切りにしたゆずの皮とねぎの青い部分(600Wで20秒程度レンジ加熱したもの)を散らします。好みで塩をつけたり、ゆずをしぼっていただきます。

和風ポトフをおいしく作るためのコツは?

和風ポトフの写真

特にこれといって難しいところはない料理で、じっくり煮れば、それだけでおいしくなリます。
まあ、「ここよーん、ここここ!」というポイントを、ゆるゆるっとお伝えしておきます。

アラサー娘

アラサー娘

なんじゃそりゃ?

沸騰させない

野菜だけの煮込みだと、煮汁はわりと澄んでいるんですが、肉を入れるとどうしても濁りがちなんですね。でも、決して沸騰させずに、ごく弱火で煮ると、アクもあまり出ないし煮汁は澄んだままです。
だから、なるべく弱火で長時間煮るのがきれいに作るコツです。
弱火にしても沸騰してしまうようなら、ふたはしないで煮た方がいいです。厚手で蓄熱性が高い、フタがしっかり閉まる鍋なら、予熱調理も最適です。

いったん冷ます

煮込むものは冷めるときに味が染みていくので、いったん冷まして、食べる直前に温めると、味がしみしみのおいしい和風ポトフが食べられます。

骨付き肉を使う

骨付きの肉って、本当においしいダシが出るんですよね。
煮込む料理のダシは、なんといっても骨付き肉が最高で、他の具材では出せない濃厚な「うまみ」が出ます。

骨付き肉の写真

肉を塩麹に漬ける

これはね、私が通っているカフェのお料理上手のパティシエさんにうかがったんです。
お店のランチで食べたポトフが、あまりにもおいしかったので、「なぜこんなにおいしいんですか?」って聞いたら、「手羽元を3日間塩麹に漬けているから」って教えてくださったんです。
やってみたら、本当にびっくりするほどおいしい!!
3日漬けたいところですが、数時間でもおいしくなります。
もう、これをやらずにポトフは作れませんね。

和風ポトフだからアレンジ自在!

翌日や翌々日がおいしいポトフ。
2倍の量で作っておいて、アレンジを楽しむのもおすすめです。
スープがたくさん余っていれば、そのままお吸い物として楽しむこともできるし、うどんを入れて煮込みうどんも最高です。
もちろん、市販のカレールーを入れるだけで和風カレーができちゃうし、湯むきしたトマトを入れて煮れば、トマトおでんに変身させることもできます。

トマト入りおでんの写真

どうぞ、いろんなアレンジで和風ポトフを楽しんでくださいね。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク