野菜のオーブン焼き!成功のコツと失敗時の対処法|ゴニョ研

2019年7月18日とにかく野菜たっぷり料理

野菜のオーブン焼きの写真

こんにちは。

料理の失敗についての実績なら、誰にも負けないガッツかよめです。

豚肉の塩麹漬け焼きも、何度も失敗しまくったおかげで、豚肉の塩麹漬け!うまい漬け時間と焦げない焼き方を研究!という記事は大好評!

野菜のオーブン焼き、野菜も肉もがっつりたくさん食べられて大好きです!

今回は、この野菜のオーブン焼きで、

・失敗しやすい点
・失敗してしまった時の対処法
・失敗を予防する方法

を、私の経験を踏まえてお話したいと思います。

少しだけレシピもあります。

では、まとめからご紹介。

  1. オーブン焼きで多い失敗
    • 火の通りがバラバラ(硬いものや焦げたものがある)
    • 水分が多すぎて天板の上が水浸しになる
    • 味が薄い
    • インスタ映えを期待したのに色が悪い
  2. 失敗した時の対処法
    • 硬いものだけを取り出してフライパンで蒸し焼きにする
    • 水分が多ければすくって取っておき、パスタなどに使う
    • 味が薄い時は食べるときに調味料をかける
    • 見た目がパッとしない時はレモンやバジルなどを添える
  3. 失敗を防ぐ方法
    • 火が通りにくい食材は焼く前にレンチンする
    • 水分が多い食材を多用しない
    • 焼く前の下味をしっかりとつける
    • 加熱後の色合いを予想して食材を選ぶ

オーブン焼きはとっても簡単だけど失敗も多い?

野菜のオーブン焼きというと、パッと思いつくのが、ぎゅうぎゅう焼き。
村井理子さんのツィートにより、ぎゅうぎゅう焼きが大ブームになったのは、2015年のこと。


Amazon.co.jpアソシエイト
お気に召したらクリックしてアマゾンへ

ぎゅうぎゅう焼きっていうネーミングも素敵ですね。
お料理の写真もセンス抜群!
大ヒットもうなずけます。

ぎゅうぎゅう焼きは、お肉と野菜をぎゅうぎゅう詰めにして、オリーブオイルと塩などで味付けして、オーブンで焼くというお料理です。

とても簡単なのに、見た目が豪華で、そして食べ応えがあって、栄養バランスも良いという、良いことづくしの料理!

今回は、このぎゅうぎゅう焼きも含めて、お肉と野菜をオーブンでいっしょに焼くということで、野菜のオーブン焼きについて、考えてみたいと思います。

野菜のオーブン焼きでよくある失敗と失敗後の対処法

火の通りがバラバラ

かぼちゃや人参が硬い!
お肉が生焼け、でもネギは焦げ焦げ。

こんなこと、私は日常茶飯事なので全くめげませんが、普通は嫌ですよね。

こんな時は、焦げてしまったものは、焦げた部分をとることくらいしか対処法がないですが、生焼けのものは、取り出してもう一度焼けば良いんです。

アラサー娘

アラサー娘

そういや、あんた、よくやってるね。
ガッツかよめ

ガッツかよめ

うるさいっ!

オーブンで焼いても良いですが、根菜などが硬い時は、フライパンにフタをして蒸し焼きにすると早く火が通ります。

水分が多すぎて天板の上が水浸しになる

私、これ、やったんです。
ナスとズッキーニがいけなかったんですよ〜〜!

ナスとズッキーニと夏野菜のオーブン焼きとズッキーニとナスの写真

すごく水分が出たんです。

まあ、でもおいしかったんですけど。

もったいないから、汁を取っておいてパスタ作りました。

ぎゅうぎゅう焼きの汁で作ったパスタの写真

このパスタ、オーブン焼きの余った汁とプチトマトをフライパンに入れて火にかけ、ゆでたパスタも入れて混ぜるだけ。

本当においしかった!!

失敗万歳!

この他に、カレーの煮汁に加えるのもおいしいでしょうね。

味が薄い

オーブン焼きは焼く前にしっかり下味をつけないと、ぼーっとした味になっちゃうんですよね。

でも大丈夫!

テーブルで、各自が好きなものをつけて食べれば良いんですよ!

これ、結構使えますよ。
おばあちゃんはおしょうゆかけて、子どもはケチャップかけるなんてのもありです。

ウスターソースとケチャップとしょうゆを適当に混ぜてチンするだけでも、びっくりするくらいおいしいタレができちゃうので、自家製ダレもオツですよね。

レモンと塩、柚子コショウなんていうのもさっぱりして大好きです。

インスタ映えを期待したのに色が悪い

私、これもやりました。

このとっても素敵な色のナスは白ナスといいます。

白ナスの写真

オーブン焼きで、こんな色がいかせたらさぞかし美しいだろうと思ったんです。

白ナスのオーブン焼きを焼く前の写真

焼いたら、見事に茶色!

白ナスのオーブン焼きを焼く前の写真

野菜は加熱で変色するものも多いので、注意が必要です。

でも、焼いた後で色が暗くなったなと思っても、解決策はあるんです!

私はこの時、もうこれでよしとしたのでやらなかったのですが、あくまで鮮やかな色を追求したいという方は、バジルや大葉など生でも食べられるハーブや、レモン、きれいな色のミニトマトをオリーブオイルで炒めたものなどを後から少量添えるだけで、一気に色鮮やかです!

お味もむしろ、添えた方がおいしくなります。

失敗の多い私は、冷蔵庫にこれらを常備しております。

冷蔵庫の中に大葉とレモンの写真

まあ、威張ることじゃないですが…。

冷蔵庫の中にプチトマトの写真

野菜のオーブン焼きでよくある失敗を予防する

では、今度は、どうしたら失敗なく最高のオーブン焼きを作れるか、考えてみたいと思います。

全てをちょうど良い焼き具合にする

同じ時間オーブンで焼いて、材料すべてが食べごろになるようにするわけです。

これは、食べごろになるのに時間がかかるものは、下ゆでするだけでいいんです。
じゃがいも、人参やかぼちゃ、レンコン、大きく切った玉ねぎなどは、茹でる・蒸す・レンチンするなど、しておきましょう。

レンチンした玉ねぎの写真

水浸しになるのを避ける

水分の多い野菜を多用しない

これが一番の対策です。

具体的に言うと、

なす、トマト(プチトマトならOK)、ズッキーニ、しめじは、水分が多く出てしまうようです。

それほど量が多くなくても、これらの具材を使う時には、焼く皿も工夫が必要です。

天板よりは、深さのあるグラタン皿やオーブンで使えるフライパンやスキレットなどが安全です。

レンチンした玉ねぎの写真

実は、水分が少ない具材の時も、天板は扱いにくいんです。
オーブンの天板は大きすぎて材料がたくさん必要ですし、運びづらいです。

私は、ル・クルーゼのキャセロールを使いました。
これは直火で炒めたり蒸したりもでき、そのままオーブンにも入れられます。
食卓に出してもおしゃれなんで、とても気に入っています。

ル・クルーゼのキャセロールの写真

このお鍋を、ル・クルーゼ ビュッフェ キャセロール26cm・10年愛用レポートで、とびきり詳しくご紹介しています。

下味をつけたらすぐに焼く

下味をつけると、野菜から水分が出てきます。
ですから、オーブンを予熱しておき、下味をつけたら、水分が出る前に焼くようにしたいですね。

加熱時間は様子を見ながら決める

オーブンはメーカーや機種によって火力が異なります。

基本的には、予熱後に
150~170度で15~30分程度、200度で10分程度。

前半の加熱で具材にしっかり火を通し、後半にこんがり色よい焦げ目をつける感じでしょうか。

オーブンレンジのイラスト

でも、食材や季節によっても変わりますので、必ず様子を見ながら加減するのが安全です。

ちょうどよい味付けにする

オーブン焼きは、ちょっと多めに塩をきかせた方がおいしいです。
下味が薄いと、ちょっとぼーっとした味になってしまうので、下味をしっかりつけるのがコツです。

ボールなどに具材を入れ、ニンニクのすりおろし、塩、オリーブオイルなどをしっかりと混ぜ合わせましょう。

ちょっと多めの塩がおいしさの秘訣です。

食欲をそそる見た目にする

きれいな色の野菜はたくさんあるのですが、

色のきれいな野菜の写真

加熱後の色合いを予想して食材を選ぶことが重要です。

加熱すると変色しやすい野菜と、比較的変色しにくい野菜があるんです。

加熱しても色がそれほど変わらず美しく、オススメの野菜は、

かぼちゃ、パプリカ、ミニトマト、ブロッコリー、カラーピーマン、カリフラワー、ししとう、人参、じゃがいも、さつまいも、とうもろこし

などです。

夏野菜満載のオーブン焼き・レシピ

野菜のオーブン焼きは、とても自由で、作るのも楽しい料理。
最後に私の作ってみた夏野菜満載のレシピをご紹介しておきます。

たくさん水分が出ますが、余った汁は他の料理で使ってくださいね。

野菜のオーブン焼きの写真

材料(5人分程度、直径26cmの平たい鍋)

  • 白ナス(千両ナスなどで可)・・・・1本
  • ズッキーニ・・・・・・・・・・・・1本
  • プチトマト・・・・・・・・・・・・10個
  • 豚ロース肉・・・・・・・・・・・・150g
  • 小玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・3個
  • 人参・・・・・・・・・・・・・・・1本
  • エリンギ・・・・・・・・・・・・・2本
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1.5
  • オリーブオイル・・・・・・・・・・適量
  • ニンニク・・・・・・・・・・・・・1片

大まかな手順

豚肉は、前日から塩麹大さじ1弱に漬けておきました。
材料は全て一口大に切って、ニンニクはすりおろします。
小玉ねぎと人参は各2,3分レンチンして、柔らかくしておきます。
豚肉以外の材料をボールに入れて、オリーブオイルをひと回し、塩、おろしたニンニクも加えて、よく混ぜてから、耐熱皿やオーブン用の鍋に、肉とともに並べます。
オーブンを170℃に予熱し、170℃で18分、220℃で9分焼きました。

かなりぎゅうぎゅう詰めにしましたが、そのくらいでちょうど良い感じ。
並べ方は適当だったのに、結構きれいな焼き上がりでした。

アラサー娘

アラサー娘

それはあんたの自己満足!
ガッツかよめ

ガッツかよめ

掃除機みたいに食べたくせに!

というわけで、皆さんも、気軽に野菜のオーブン焼きを楽しんでくださいね。

白ナスのレシピ!色を生かしたおしゃれ料理とそのコツでは、おしゃれで簡単な白ナスのレシピを他にもご紹介しております!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

料理以外の失敗も得意です!

面白い失敗談!おっちょこちょいなら読んで笑おう!

スポンサーリンク